RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年02月11日(日) 00:01 347 views

タヴァン・クエスト TAVERN QUEST

◆ゲームの流れ◆

  • セットアップ:各プレーヤーに得点シートと同じ構成の冒険者カード10枚を配り、 ポット(共有の場)にプレイ人数に合わせた規定枚数のコインを置く。
  • ①コイン獲得フェイズ:手札を1枚選び、一斉公開。バッティングしたプレーヤーは何もできない。それ以外のプレーヤーは、数字の小さい順に数字と等しい数のコインを獲得。使用したカードは、自分の場に表向きで置く。
  • ②カード回収フェイズ:自分の場に置かれているカードの内、手札に戻したいカードがあれば、コストを払い1枚だけ手札に戻せる。コストは、カードに書かれている小さな丸の数で、このラウンドに得たコインで支払う。
  • ③コイン得点化フェイズ:①②の結果、残っている自分の獲得コインと等しい数を得点として得る。その後、獲得コインをポットに戻す。
  • (④レベルアップ宣言):③終了時に得点が25点を超えているプレーヤーは、レベルアップ宣言をする。宣言がされたら、次のラウンドでゲームが終わる。自分の場の置かれているカードの組み合わせで加算されるボーナス点も加え、勝利点の合計が一番高いプレーヤーが優勝。
  • (0のカードの特殊効果については、説明省略)

◆総感◆

  • 各自の使用済みのカードは場に見えているので、手札に残っている数字も当然わかる。バッティングしないように手札にその数字を持っている人が少ない数字を出したい。でも、その数字を持ってる人も出してくるかもしれない。それなら、あえてみんなが手札にある数字を出していくか……という勝手な脳内読み合いが始まり悩ましいシステムのゲームでした。
  • 今回遊んだ際には、同席された方の1人がマナーの良くない人だったため、いまひとつ楽しめなかったのですが、機会があればまた遊んでみたいと思います。

10人の冒険者カード。

タヴァン・クエスト TAVERN QUEST



レポーター
自己紹介
☆★☆ツイッターの方で、レポート用サンプルゲームの募集始めました。☆★☆
・みなさま、はじめまして。関東にてアナログゲームをプレイしているゆきわらしと申します。普段は別のアカウントネームを使用しておりますが、こちらでは”ゆきわらし”を名乗らせていただきます。
・レポートは、普通のゲーム以外にも、他のレポーターさんがレポートしなさそうなTRPG関連やグッズ関係も1~2割ほどレポートしていきたいと思っています。
web サイト
https://twitter.com/yukiwarasi5
トップへ