RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年05月27日(日) 18:26 1.2K views

TATEWARI(タテワリ)

TATEWARI(タテワリ)

cosaic

プレイ人数:3~4人
対象年齢:10才~
プレイ時間:45~60分
価格:4,000円


~目次~(クリックで各ページへ飛べます)

 

こんちゃちゃっす!(๑•̀ω•́๑)
ひーくんこと陽向ゆきです!

さて!今期わたくしが最後にご紹介するのはcosaicさんのTATEWARI(タテワリ)!
超・立体的協力ゲームという本作、もう内容物を見るだけでワクワクしてきます!これは買いですな!

シンプルなカードやサイコロだけで楽しむゲームもいいんですが
「この作品ならでは!」みたいな形のボードとか入ってるとやっぱり楽しくなってきちゃいますよね!
どちらかというと大人向けな本作の魅力をばばーんとお伝えしていきますよー!

 

はい。ここからが本題です。(・∀・)

まずはゲームの概要!

「THE・縦割り組織」(※)に属するプレイヤー達。
今の時代に合わない組織体制に属している彼らには
大事業を成功に導かなければならない使命がある。
なんとかして他部署と連携を取って事業成功を目指せ!

みたいなゲームです!

プレイ中の場はこんな感じ!

なんとこのゲームは自分の場以外の場所が一切見えません!
クリアするためには他のプレイヤーとのコミュニケーションが大きな鍵となります。

※縦割り組織とは
同じ組織内なのに「うちはうち。よそはよそ」みたいな感じで部署毎に独立して仕事を進める組織体制のことです。
間違ってたらごめんなさい。いや、大体合ってるはず…多分…。( ゚Д゚)←

 

このゲームはこんな人にオススメ!

  • 重いゲームが好き

1プレイ1時間近く必要なので腰を据えてじっくり遊べます。

  • 協力ゲームが好き

最終的に順位付けのような事はするのですが基本的には各プレイヤーの協力が大前提となるシステムなのでプレイヤー同士で仲を深める事ができるかもしれません。

  • 難しいゲームに燃える

僕の主観ですがこのゲームは難易度が少々高めなので軽めのゲームで手応えをあまり感じない方にオススメです。

 

 

ここからはゲーム内容を詳しくご紹介!

ゲームの目的は「事業を成功させること」

そのための具体的な目標は2種類あります。
条件Aか条件Bを達成することによって事業が成功するのですが前述の通り、各プレイヤーの協力が大前提です。
(ABそれぞれの条件についての説明は割愛します)

プレイヤーはラウンド開始時にAP(アクションポイント)を3得て、その範囲内で様々なアクションを行っていきます。
代表的なものを紹介すると

◆移動(1AP)
デスク間の移動。基本的なアクション。

◆プレゼン(1AP)
今いるデスクでプレゼンを行い、対応フロアの山札からカードを引きます。
カードは即時効果を発揮するものや、アイテムとして手元に残るものなど様々です。

◆アイテムの使用(1AP)
自分が持っているアイテムを使用します。

◆新人の回収・解放(0AP)
今いるデスクに存在している新人を回収したり、連れている新人を開放したり出来ます。

◆アイテムの受け渡し(0AP)
今いるデスクに受け渡し口となるスリットが存在する場合、アイテムの差し込みや回収を行えます。

基本的な動きとしてはどんどんプレゼンを行い、クリア条件AかBを達成するためのアイテムを集めることになります。
が、落ち着いてプレゼンを行う事はなかなか出来ません。
なぜならどこかのデスクで必ずといっていいほどハプニングが起きているのです!
ターンの初めに新人とハプニングがランダムに配置されます。
ハプニングが起きているデスクではプレゼンが出来ません。
その上、ターン終了間際にハプニングはプレイヤー目掛けて移動を行うのです。
そしてターン終了時にハプニングを抱えているとプレイヤーはハプニングと同じ数だけ混乱してしまいます!

キャラクターによって混乱のキャパシティが違いますがターンを重ねるごとにハプニングは増大していくため
ハプニングに捕まったら一巻の終わり!なんて展開にも繋がっていきます…!
(;´Д`)

キャパシティを超える量の混乱をするとそのプレイヤーは脱落。
そして脱落者が出た場合【プレイヤー全員の敗北】となりゲームが終了します。

他にも敗北条件があるのですが敗北の場合はいずれも全員が敗北扱いとなるので
いじわるせずにちゃんとプレイヤー全員で協力してゲームクリアを目指しましょう!

例えば特定のアイテムが必要だけど自分が持っていない時に誰かからもらう事ができます。

慣れてくれば「〇〇を持ってる人いたら2階デスクから回してくれない?(;´・ω・)」
といったやり取りでゲームをどんどん進められるようになっていきます。

ゲームを無事クリアできた場合、各プレイヤーに事前に与えられていた
「ピュアな動機」という指令を達成できたかどうかを確認します。
それによって得られる勝利ポイントと
ゲーム終了時に手元に回収している新人の数が加えられた合計点で真のゲーム勝者が決定します。

クリアするだけでいっぱいいっぱいになっていると真の勝者にはなれません。
しかしピュアな動機の達成や新人の回収ばかりに意識を傾けていると
クリアはおろか自分のせいでゲーム敗北、なんてことにもなりかねません。

他プレイヤーとのコミュニケーション
共通目標の達成
個人目標の達成
という3つのタスクを常に同時進行しながら進める協力型シミュレーションゲームといった雰囲気の本作。

果たしてあなたは真の勝者となるまでこのゲームを極められるでしょうか?
(ΦωΦ)フフフ…

より詳細なゲーム内容が知りたい!いっそもう買いたい!
という方は是非手に入れてみてくださいね!
在庫無くなってから後悔しても知りませんよ?w

 

 

ひーくん式攻略の秘訣!( ゚д゚)クワッ
僕なりの攻略法を紹介します!
この方法で友達相手に俺TUEEEE!!しましょう!(効果には個人差があります)

攻略法?そんなものは自分で編み出す!
(`°ω°)
という漢気溢れる方はここらでブラウザバック推奨ですぞ!

 

 

何度も言いますがこのゲームは難易度高めですw
そこで、攻略というほどの情報ではないかも知れませんが重要になる立ち回りを紹介します。

プレイヤーの障害が多く存在するのですが最大の敵はなんといってもハプニング。
こいつのせいで行動がかなり制限されます。
しかもハプニングはゾンビのように増殖するのです!( ̄ロ ̄lll)
というのもラウンド終了直前にハプニングはデスクから移動を開始するのですが
移動終了時にハプニングと新人が同じデスクにいる場合
【新人がハプニングに変わる】のです!!!

まじでやめてくれ!!って思います。特にゲーム後半。

ラウンド開始時に毎回新人とハプニングが新規に配置されるので基本的にハプニングは増える一方。
ゲーム終盤はハプニングに捕まるとほぼ一撃死です。

ハプニングは1マスしかデスクを移動できないので2マス以上離れていれば安全ですが
逆に言えばハプニングの左右1マスは超危険で近寄りにくくなります。

そこで活躍するのが新人。
プレイヤーが回収したり開放したり出来る彼らは非常に役に立ちます。

ハプニングには行動パターンが決められており、一定の法則に従って移動します。
その法則の一つが優先順位。
ハプニングが捕まえようとする対象には優先順位があり
【新人>プレイヤー】となっています。

つまり新人を開放してデスクに配置する事によって囮として使う事が出来るのです。

ちょっと非道だけどそんなこと言ってられないんで潔くガンガン見捨てましょう!

ゲーム前半はハプニングの数も少ないので新人を出来るだけ回収。
ゲーム後半は新人を囮に使いながらクリアを目指す。
という立ち回りをオススメします。

結構手応えのあるゲームなので真の勝者になれなかったとしてもクリアするだけで結構満足出来ます。
ゲーム開始時にハードモードにする事も出来るので
仲のいい友人同士でハードモードクリアを目指すという遊び方も盛り上がると思いますよ!

『TATEWARI(タテワリ)』
是非遊んでみてくださいね。
( ´艸`)♪

僕のレポート記事の更新状況はTwitterで呟いておりますのでもし気に入って頂けたならフォローをお願い致しますっ!

現場からは以上です!
ひーくんでした!
( ・ω・)ゞ

TATEWARI(タテワリ)



レポーター
自己紹介
ゲーム大好き声優(の卵)陽向ゆきです。
より多くの人が楽しいゲームに出会うきっかけを作れればいいなというのが建前。
色んなゲーム遊びまくってやるぜうええぇぇぇぇぇい!!!が本音。
( *´艸`)
web サイト
https://twitter.com/VA_Hinata_Yuki
トップへ