RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年04月09日(月) 07:30 286 views

箱庭の動物たち

箱庭の動物たち

河越黒狐茶菓屋

プレイ人数:2~3人
対象年齢:12才~
プレイ時間:30分
価格:3,000円


~目次~(クリックで各ページへ飛べます)

 

こんちゃちゃっす!(๑•̀ω•́๑)
ひーくんこと陽向ゆきです!

今回レポートするのは河越黒狐茶菓屋さんの箱庭の動物たち!

牧場の芝生を思わせるシンプルな緑のパッケージ。

中にはチップのようなものや動物型のトークン(ゲーム中に使うコマやアイコンのようなもの)がわらわらと入っています。
うむ。これは面白そうだ!買いですね!←

個人的な見解ですが重い(プレイ時間が長めの)ゲームってハズレはほぼ無いと思うんですよね。
だって、作り手さんがめっちゃ凝ったシステム考えたから重いわけですし。
(ºωº)
それに箱開けた時にこういうのがわらわら入ってると
「うはー!どんなゲームなんだろ!?(º∀º)」
ってテンション上がるので好きですw
特にトークンが動物型っていうのがいいですよね!可愛らしい!

そんなわけで早速レビューしていきますよー!

はい。ここからが本題です。(・∀・)

まずはゲームの概要!

プレイヤーは牧場主となって自分の牧場を大きくし、誰よりも沢山の動物を飼うのが目標です。

プレイする時の場はこんな感じ。

牧場札を自宅に繋げて配置し、牧場を大きくしていきます。

このゲームはこんな人にオススメ!

  • 経営ゲームが好き!

動物のレベル上げをする訳では無く、いかに効率よく動物達を繁殖させるかと頭を捻るのが面白いです。

  • パズルが好き!

牧場を拡げる際にややパズル的要素が含まれるのでパズルが得意なら有利かも!?

  • ドットのデジタルゲームが好き!

使うカードが正方形で、プレイ中の場がデジタルゲームを思わせる雰囲気になります。
デジタルゲームが好きな人をアナログゲームに誘うきっかけとして使いやすいゲームだと思います。

 

 

ここからはゲーム内容を詳しくご紹介!

プレイヤーに手札はなく、場に用意された5枚のカードを使って自分の牧場を大きくしていきます。
まずはこの『家族カード』を使って数字比べ勝負!

近年稀に見る、お父さんが強い家庭のようですね。( ˙-˙ )

数字の大きいプレイヤーから順に手番が回ります。(数字が引き分けたらそのラウンドの親が優先されます)

自分の手番では場にあるカードの中から好きなカードを選んで、
自宅に繋げるように配置することで牧場を拡張出来ます。
ただし、コストが必要な場合もあるので2種類の資材(木材・石材)も確保しつつ牧場を拡げなければなりません。

2枚以上のカードの広さがあるスペースを柵で囲うと動物が飼えるようになります。
囲った時点でカードに表記されている動物が出現するのでそのトークンを置きます。

可愛いですね。(*’▽’)

全員が牧場を拡げたらカードを補充し、もう一度数字比べ。
既に使った家族カードは使えませんので
数字比べ⇒牧場拡張
を計3回行うことになります。

3回目の拡張が終わったら繁殖フェイズ!
同じ種類の動物が2匹以上いる場合子供を産んで動物が増えます。

これとても大事です。
(`·ω·´)

この牧場拡張と繁殖を8回繰り返し、
最終的に牧場にいる動物の数と動物に応じたボーナスポイントで勝敗が決まります。

難しいのはこの資材の管理!

場に必要なカードが出てきても資材が足りなければ使えません!
しかし資材ばかり集めていては牧場の拡張が後手に回る…。

つまり!!( ゚д゚)クワッ
資材管理を制する者がこのゲームを制するのです!!(言い過ぎかもしれない)

ゲームに慣れてきたら他のプレイヤーが欲しいであろうカードを先に使ってしまう、なんて動きをしていくようにすればより戦略性が上がって楽しく遊べますよ。
( *˙ω˙*)و グッ!
トークンを使用するゲームなので見た目的にも賑やかで楽しいです!

結構牧場の拡張が広範囲にわたるので広いテーブルや床でのプレイがオススメ!
(`・ω・´)ノ
あとトークンが足りなくなる事が割とあるので代用出来るものを準備した上で遊ぶと後からバタバタしなくてすみますよ!

より詳細なゲーム内容が知りたい!いっそもう買いたい!
と思っていただけたなら是非河越黒狐茶菓屋さんのスペースを覗きに行ってくださいね。
(*´﹀`*)

 

 

ひーくん式攻略の秘訣!( ゚д゚)クワッ
僕なりの攻略法を紹介します!
この方法で友達相手に俺TUEEEE!!しましょう!(効果には個人差があります)

攻略法?そんなものは自分で編み出す!
(`°ω°)
という漢気溢れる方はここらでブラウザバック推奨ですぞ!

 

 

このゲームには牧場を拡張する際に特殊な効果を発揮する施設があります。
その中でも注目すべきはこれ!
飼葉桶(かいばおけ)!

ゲーム中、柵で囲われた範囲で動物を飼育出来るのですが

1パネル2匹までという制限があります。
3パネルで構成されたスペースなら最大6匹、という感じ。

この施設はその限界を引き上げることが出来るのです!
繋がっている範囲のパネルのみ飼育制限が2から3へ増えます。
つまり3パネルなら9匹!(`°ω°)

これはかなりでかいです!

理想としてはゲーム序盤にこの施設を手に入れ、これを含んだ5パネル以上の飼育スペースを動物を2種類以上2匹ずつ用意して早々に確保すること。

このような形が出来てしまえばゲーム終了まで飼育制限数に達することなく動物たちが延々と繁殖し続けてポイントを稼いでくれます!
( ・ㅂ・)و ̑̑

こんな感じにね!

 

運悪く序盤にこの施設が場に出なかった場合でもなるべく大きな飼育スペースを作るようにしましょう。
飼育制限で繁殖出来ないのは超勿体ない!
ヾ(・ω・`;)ノ

あと放牧場という施設は飼育制限に達したスペースで産まれた動物を持ってこれる便利な施設ですが建設のための資材がとんでもなく多く、あまりオススメできません。
( ̄▽ ̄;)
基本は動物を飼うための施設に資材を投入するべき!
資材に余裕のある時だけ狙いましょう!

一筋縄ではいかない牧場経営を楽しめる
『箱庭の動物たち』
是非遊んでみてくださいね。
( ´艸`)♪

僕のレポート記事の更新状況はTwitterで呟いておりますのでもし気に入って頂けたならフォローをお願い致しますっ!

現場からは以上です!
ひーくんでした!
( ・ω・)ゞ

箱庭の動物たち



レポーター
自己紹介
ゲーム大好き声優(の卵)陽向ゆきです。
より多くの人が楽しいゲームに出会うきっかけを作れればいいなというのが建前。
色んなゲーム遊びまくってやるぜうええぇぇぇぇぇい!!!が本音。
( *´艸`)
web サイト
https://twitter.com/VA_Hinata_Yuki
トップへ