RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年03月28日(火) 12:20 969 views

Sweets!

■ゲーム紹介

人数:1~4人

時間:15分

年齢:7歳~

 

かわいいスウィーツをたくさん食べておなかいっぱいになりましょう。

ただし食事にはマナーがあり、同種類のスウィーツを決められた数まとめて食べなければいけません。

特殊な効果のある「ティーカップカード」も駆使しつつ、だれよりもスウィーツを食べましょう。

 

■ゲームの準備

・全ての「スウィーツカード」を裏向きのままよくシャッフルし各プレイヤーに3枚ずつ配ります。

・残りの「スウィーツカード」は山札となります。

・山札の上から5枚をめくり、場札として並べます。

・「ティーカップカード」を各プレイヤーに1枚ずつ配ります。「ティーカップカード」は自分の脇に置きます。(手札の枚数には含まれません)

・4人プレイの場合のみ☆1の得点カードを4番目にプレイするプレイヤーに配ります。

 

■ゲームの流れ

手番のプレイヤーは以下のアクションからひとつ選んでおこないます。

※ただし手札の上限は6枚なので、すでに6枚持っている場合はA・Bのアクションはできません

A:場札のカード1枚をとる

B:山札の一番上のカードを1枚とる

C:2枚以上のカードを同じ枚数の場札と交換する

D:手札のスウィーツを食べる

アクションの終了後、場札が4枚になった場合には山札の一番上から1枚カードを引いて補充し場札を5枚にします。

その後は、次プレイヤーの手番となります。

山札がすべてなくなったらゲームの終了となります。

山札がなくなった後各プレイヤーはそれぞれ1回ずつ「D:手札のスウィーツを食べる」アクションのみをおこなうことができます。

 

■アクション内容詳細

A:場札のカード1枚をとる

場札の「スウィーツカード」か「ティーカップカード」のいずれか1枚をとります。

「スウィーツカード」なら手札に加え、「ティーカップカード」なら脇に置きます。

「ティーカップカード」はすでに持っていたとしても、何枚でも取ることができます。

 

B:山札の一番上のカードを1枚とる

山札の一番上のカード1枚を自分の手札に加えます。

 

C:2枚以上のカードを同じ枚数の場札と交換する

自分のカード(手札+ティーカップカード)の中から2枚以上を選び同じ枚数の場札と交換します。

 

D:手札のスウィーツを食べる

手札の「スウィーツカード」を決められた枚数で食べて得点にします。

各スウィーツカードに示されたカードの置き方を確認して、自分の脇に並べます。

 

全てのアクションが終了したらそれぞれが食べたスウィーツの得点を計算し、最も得点の高いプレイヤーの勝利です。

 

■第一印象で女子の心をキャッチ

パッケージがかわいい。カードもめっちゃかわいい。そして女の子なら(ほぼ)みんな大好きスウィーツ。

プレイする前から女性プレイヤー受けがすごくよかったです。

カードの絵もシンプルながらおいしそうで集めるのもとても楽しい。

全部でこのスウイーツのカードは何枚あるのか、何枚から食べられるのかなどの情報もわかりやすく、初心者でもとっつきやすかったです。

 

とはいえかわいい見た目ながらも得点をあげるには食べるスウィーツの種類や枚数をしっかり考えないといけなかったり、他のプレイヤーとのかねあいもあったりとゲーム性も高いです。

スウィーツを食べられる難易度もそれぞれ違い、1枚から食べられるものから5枚集めないと食べられないものなどさまざまです。

もちろん1枚でも食べられるスウィーツでも、5枚集めると得点は1枚よりもずっと高いのでたくさん食べられるようせっせと集めたいところです。

当然食べようと思っているスウィーツが他プレイヤーとかぶるとなかなか場にもでないし集まらない…なんてことになりますが、思い通りになったりならなかったりしながら楽しく遊べました。

 

ゲーム最後の得点計算が多少めんどうだったりするのですが、今作ですごいなと思った点はその得点計算がすごくやりやすいことです。

ゲーム中に食べた「スウィーツカード」は表・裏どう並べておくかのルールに従って自分の脇に置いておきます。

そうすればカードに記載された星マークを数えるだけで得点が計算できるようになっています。

このシステムのおかげで子供でも簡単に自分の得点を計算することができました。

 

かわいいデザインからまずとっつきやすく、得点計算も簡単という親切なこの作品。

あまり普段ゲームになじみのない女性とプレイするのにもピッタリだと思います。 かわいいは最強…♪

 

Sweets!



レポーター
自己紹介
はじめまして。レポーターのmacoと申します。
ゲームと名前のつくもの大好きな主婦です。
長年携帯機でのゲームばかりしておりましたが、ボードゲームを最近知りました。
アナログでの対人でのやりとりがこんなに楽しいんだー!と気づいてからは面白そうなゲームの情報を集めてはお財布と相談しまくっている毎日です。(スポンサーになってくださるアラブの石油王募集中)
ええトシですが心はいつまでも乙女なのでかわいらしいゲームに心惹かれます。
主に家族と二人ないし三人プレイなのでこじんまりとしたレポートになってしまうかとは思いますが、少しでも参考になればうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。
web サイト
トップへ