RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

GM19春青海:A14:バネスト:イオタ

デザイン Gene Mackles
イラスト Gene Mackles
人数 2~4人
時間 30~30分
年齢 8歳~
価格 1500円
発売 2019春
予約
レビュー外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1「イオタ」は、の属性に対応して配置する、パズルの要素が色濃い小さなカードゲーム。
3行で説明2ちっちゃくてちっぽけだけど、ビッグでグレートなゲームです。
3行で説明3全部同じか全部違うを3属性分揃えてラインで配置。4枚組のロットが得点2倍に。

「イオタ」は、カードの属性に対応して、縦横にカードをの場そてカードを配置する、パズル要素のあるカードゲームです。

https://banesto.nagoya/shopdetail/000000007277/ct90/page1/order/

https://boardgamegeek.com/boardgame/119632/iota

自分の手番では以下の2つのアクションのうち、どちらか1つを行います。

手番になったら、1-4枚のカードをすでに場にあるカード1枚以上と接するように一直線上に「ライン」として置くか、パスをして手札の中から好きな枚数を山札と交換します。

カードはラインとして置かなければならず、少なくとも1枚はすでにあるカードと接する必要があります。
ラインの両端にカードを置いて、新たなラインやラインが延びたりしてもかまいません。
ラインごとに、個々の属性が「すべて同じ」か「すべて違って」いなければなりません。個々の属性とは「色」「形」「数」です。
カードが4枚並んだラインを「ロット」と呼びます。ロットが出来たら、その手番に得た点数が倍になります。1つのラインの最多枚数は4枚です。
カードとカードの間に空きスペースがある場合は、ラインとはみなしません。

手番の最後に、その手番で新たに作ったラインと、延ばしたラインについて、構成しているカードの数字を合算します。1枚のカードが2本のラインを構成していれば、数はそれらラインごとに2度カウントします。
ロットが完成していれば、出来たロットの数だけその手番で得た点数を2倍にします。
1手番に手札4枚を使い切っていたら、点数を2倍にします。

これを繰り返し、山札がなくなり、誰か1人が最後のカードをプレイしたらゲームは終了します。
最終の手番はポイントが2倍になります。もっとも得点の高いプレイヤーが勝ちます。



ブース名
ブース番号
2019春 両-A14 体験卓あり

ブース詳細
名古屋のボードゲームショップ、「ゲームストア・バネスト」です。 ゲームマーケットは1回目より欠かさず参加しております。 よろしくお願いいたします。
Twitter
@banestolive
その他
462-0058 名古屋市北区西志賀町4-15 Tel/Fax:052-910-0025
banesto AT cside9 DOT com
https://banesto.nagoya/
twitter: @banestolive
facebook: https://www.facebook.com/gamestorebanesto
トップへ