RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

FESCA(フェスカ)創作ゲーム、フェスカでラミーとワイルドラミー

デザイン フェスカ・つじむら
イラスト
人数 2~6人
時間 10~20分
年齢 10歳~
価格
発売 2017秋
予約
3行で説明1跳躍進化形トランプFESCA(フェスカ)の創作サンプルゲームです。
3行で説明2ラミーはブリッジ、ポーカーに並ぶ世界3大カードゲームと云われてます。
3行で説明3フェスカ要素を追加するとラミーは進化してワイルドラミーに成ります。

ゲーム名:フェスカでラミー
創作レベル:
概要:
基本ルールはラミーに従う。
陰陽カードを第6スートとして使う。
空無カードをランク0として使う。
太極カードは陰陽スートのランク0扱いとなる。
得点計算はトランプと異なり、手札に残った枚数を失点(1点/枚)として勝者に払われる。
手札の配り枚数は以下のとおりとする。
ただし2~3人の少人数では上位ランクを除いたサブセット(54枚や42枚)を使用してもよい。
2人 17枚(@78)、13枚(@54)、10枚(@42)
3人 14枚(@78)、10枚(@54)
4人 10枚
5人 7枚
6人 7枚
※FESCA42 は、7~12のランクを取り除いた7ランク×6スート=42枚の構成のサブセット名です。
※FESCA54 は、9~12のランクを取り除いた9ランク×6スート=54枚の構成のサブセット名です。
解説:
基となるラミーのルールはWikipedia等を参照してください。
トランプのラミーでは絵札を10点、その他の数札はランクをそのまま点数としていますが、ランクの大小はゲームにおけるカードの有用性に差がなく、全く非合理な配点だと思います。フェスカでは絵札を廃しているので、合理的に単純化して手持ち残り札1枚に付き1点としました。
ラミー系のゲームで、最も普及しているジン・ラミーは2人用で配り手札は10枚です。これは3つのメルドと1枚の付け札(あるいは2つの3枚組と1つの4枚組メルド)となり、役作りの楽しさが感じられる最適な枚数だと思います。しかし3~4人でラミーをするとなるとトランプ自体の枚数の少なさから一人当たり7枚と制限されてしまい、やや物足りなさを感じてしまいます。フェスカは総枚数がトランプの1.5倍あるので3~4人で10枚配りしても不足感がありません。
フェスカの特徴として枚数が多いことしか使用していないので創作レベルは極めて0に近いです。
しかしながらフェスカラミーと呼ぶこともでき、その場合は分類名として 6Suit & Zero(略 6Z)または no Wildを付けます。

余談ですが、日本ではラミー系ゲームとしてセブンブリッジが有名です。麻雀の鳴き要素と役名および七並べ的な7の特殊性を加えた変則的なルール拡張となっています。ラミー系のゲームなのに、なぜか名前にブリッジが付いるのが謎です。


ゲーム名:フェスカ・ワイルドラミー(プロトタイプ)
創作レベル:
概要:
陰陽カードをスートワイルドとして使用する。
空無カードをランクワイルドとして使用する。
太極カードをジェネラルワイルドとして使用する。
手札の配り枚数は「フェスカでラミー」に準ずる。
得点計算はトランプのラミーと異なり、手札に残った札の種類と枚数で計算して勝者に払われる。
五行は1点/枚、陰陽は3点/枚、空無は5点/枚、太極は7点とする。
バリアントルールの以下の2つを標準ルールとする。
メルドを一つも公開していない場合は他人のメルドへ付け札することができない。
捨て札を拾う場合は、即時にその札を含むメルドを公開するか付け札として使用しなければならない。

解説:
フェスカでのラミー系ゲームの基本形(プロトタイプ)です。これをベースに様々な変更を加えてオリジナルなラミー系ゲームを創作してみてください。
陰陽,空無,太極の3種をワイルドカードとして使用するラミーをワイルドラミーと定義しています。基本は3種ともワイルドとして使用するのですが、1種または2種のみをワイルドとする亜種ももちろん考えられます。この場合は、分類名として RW, SW, RW+SW などを付けます。
カード種別による失点の違いはワイルドカードの有用性とカードの存在比を加味して覚えやすい数(奇数列)としましたが、1,2,4,8や、1,2,3,4の配点も候補であって、実プレイを重ねて調整した方がよいかもしれません。

フェスカの特徴である多数枚のワイルドカードをフル活用していますが、もう一つの特徴であるスート相関係を使用していないので創作レベルは1弱です。

ワイルドラミーと云えばフェスカ・ワイルドラミーのことと誰もが認めるようになったら、フェスカの修飾語を除いて単にワイルドラミーとしてもよいと思います。


予告

ゲーム名:ワイルドラミーR(仮称)
創作レベル:★★☆
概要:
陰陽カードはスートワイルドと第6スートの両方で使う。
空無カードはランクワイルドとZATの両方で使う。

・・・

ワイルドラミーをベースにフェスカの特徴を最大限に生かしながら、独自の「差し札による再使用(Reuse)」ルールを追加した創作レベル2.5のラミー系ゲームです。やはり文だけでは分かりにくいので説明図を何枚か作成しなければなりません。近日中に公開します。


関連

FESCA(フェスカ)創作の階段

FESCA(フェスカ)創作ゲーム、フェスカババ抜きとシンクロババ抜き

FESCA(フェスカ)はゲームではない!

陰陽五行プレイングカードFESCA(フェスカ)は、

こちら(↓)で買えます。

Amazonにて販売中



ブース名
ブース番号
2018春 日-E51 体験卓あり

ブース詳細
「あんりぐあん」 と読みます。 駆け出しの発明家が勢いで一人起業してしまった会社です。 陰陽五行プレイングカードFESCA(フェスカ)をトランプの再発明として創作し、ゲムマ2017秋に初出展しました。Amazonにて販売中です。
Twitter
@anriguan
その他
トップへ