ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

スピマテ制作委員会

闘技場と5人の勇者(新作(2020年ゲムマ大阪・春で両方で出します。))

デザイン スピマテ制作委員会
イラスト ササリヒノエ
人数 3~5人
時間 5~10分
年齢 10歳~
価格 1000円
発売 2019秋
予約 https://docs.google.com/forms/d/1NJtjTUuGifnRfjpE2MXMjdORRroXBj9ZPtuZQ5X5jjc/edit
レビュー 外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1 3〜5人で遊べる正体隠匿バトルロイヤルカードゲーム。
3行で説明2 勇者、戦士、弓使い、魔法使いのクラスから2枚が裏面で配られ、数比べします。
3行で説明3 ※今回、「ノーマルルール」を新ルールとして追加し、2020年新作として出します!

剣闘士奴隷とは?<前置き>

古代のある帝国で、市民への見世物として互いに戦闘することを強制された奴隷を剣闘士奴隷といわれました。多くは戦争捕虜の中から選抜されて養成所で育成され、各地の闘技場で互いに戦わされたり、猛獣と戦わされるなどさせられました。平和な一般市民達の「娯楽」の為に、彼ら・彼女らは命がけの戦いをしていたのです。

闘技場と5人の勇者 <ゲームのあらすじ>

「5人の剣闘士たちよ。この闘技場で、戦い合え。生き残った1人には莫大な金と権力をやる。」
コロッセオと呼ばれる場所で実際に行われていた、闘技場での戦い。それを模したこのゲームは、まさにプレイヤーが闘技場の戦士たちの1人となり、バトルロワイヤルをして生き残るゲームです。勇者達には、2ヶ月の時間が耐えられ、それぞれ「クラス」という能力を手に入れます。その力を駆使して、闘技場でただ1人の勝者を目指しましょう。

ゲームの流れの一部を紹介します!
1:「親の最初の準備」をします。
(親の「最初の準備について」にて詳しく説明します。)2:親から順番に反時計回りで「手番」を進めて行きます。3:全ての人が「手番」を終えたら、親から見て反時計回りの次の人に
親を移します。(「剣の親マーカー」を持っている人が親です。)。この1〜3を繰り返し、勝利条件を満たすまでゲームを進めます。

5枚の「クラスカード」について
「クラスカード」は4種+1種。それぞれ2枚ずつ計10枚あります。「ウォーリアー」「ランサー」「アーチャー」「マジシャン」。これらのクラスカードは、ステータスが合計70になるように設定されており、赤い数値「近距離での攻撃力」はウォーリアーが一番高く、青い数値「遠距離での攻撃力」はマジシャンが一番高く設定されています。また、特別なクラスとして、「ブレイバー」のクラスカードがあり、このカードはステータス合計が80です。ブレイバーはウォーリアーとマジシャンの攻撃力でしか倒せないので、早めに探り出し、序盤で倒さなければ、勝ち残ることは難しくなっています。(この辺りが招待隠匿です。)「クラスカード」は、1プレーヤーに1枚のみを「戦いで使うクラスカード」としてセットし、残りは「サブのクラスカード」写真のように横に伸ばして置いておきます。攻撃では「戦いで使うクラスカード」のみで判定をします。

各プレイヤーの「手番」に行うこと
「手番」では手番プレーヤーは1人に対して狙いを定め、「攻撃」をします。手番プレーヤー(攻撃側)は、まだこの1巡で攻撃対象にされていない敵プレーヤーを1人選び、「近距離戦」か「遠距離戦」を宣言します。その後、手番プレーヤー(攻撃側)がその敵プレーヤーの裏のカード(または、何らかの理由で表になっていても攻撃出来る。)を他のプレーヤーに見えないように見て、「戦闘」を行い、「倒せた」 か 倒せなかったか を宣言します。※攻撃を既にされているカードは攻撃されないので、赤罰でマーキングして分かり易く出来ます(マーカーを裏返します。)。つまり、1巡で連続で狙われることはありません。

「戦闘」の方法について
「近距離戦」を宣言した場合は、クラスカードの赤い文字の数字を、遠距離戦の場合は「青い数字」を見比べ、数がその敵プレイヤーのクラスカードよりも大きければ、倒すことが出来ます。数字が同じか、小さい場合は倒すことが出来ません。(敵プレイヤー(攻撃された側のみ)が倒されます。手番プレーヤー(攻撃した側は倒されません。))

上記はルールのほんの一部です。詳細ルールは購入後に、ルールブックで確認して下さい!

過去作品を購入された方に対し、新ルールで遊べる為の追加カードを当日無料配布します。(追加カードは取り置きなし)

取り置きは「こちら」から出来ます。

ブース名

スピマテ制作委員会

スピマテ制作委員会

ブース番号

2019秋 土-U02 体験卓あり

ブース詳細

強くないけど犯人は踊る、ラブレターが好き。RPGも好き。ドラクエⅣのアリーナ姫と闘技場が好き。大好き過ぎて2019年ゲムマ秋に新作「闘技場と5人の勇者」作りました。戦う系の3-5人用正体隠匿ゲーム。過去の代表作では「超王神機ゼクトダイン」を作り、ゲムマ新作評価アンケート2位でした!

Twitter

その他