RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

天秤にかけろ

デザイン よしとみたかみつ
イラスト 佐山燈
人数 2~6人
時間 30~60分
年齢 10歳~
価格 3000円
発売 2016秋
予約
3行で説明1「天秤にかけろ」は商人となってプレイするゲームです。
3行で説明2対立する2つの陣営のどちらを支援するか、そしてどの「有力者」と繋がっているのか。
3行で説明3より影響力のある「有力者」と繋がり、その陣営に実権を握らせるために行動します。

「天秤にかけろ」は、対立する2つの派閥、そのどちらを支援していくかを、手元の有力者カードを参考にして進めていくゲームです。

一緒にプレイする友達が、どちら側の有力者と繋がっているかを想定し、時には協力し、時には競争するなど、お互いの手持ちカードを読み合う、知的で戦略的な楽しさがあります。
どう協力し合い、どう出し抜くのか。勝利はあなたの実力に掛かっています。

  • 「有力者カード」は1〜20の数字が振ってあり、1が共和制派の最有力者、20が君主制派の最有力者となります。
  • 「共和制派」は1に近い方がより強力な有力者ですので、共和制派が実権を握れば、20は最弱となります。
  • 「君主制派」は20に近い方がより強力な有力者ですので、君主制派が実権を握れば、1は最弱なります。
  • ゲーム開始時に配られた「有力者カード」を見て、どちら側の有力者と繋がっているかを確認してゲームをプレイします。
  • どちらかの陣営に「数字カード」を裏向きで置くことで、その陣営を支援(投票したと考えると分かりやすいかも知れません)をしていきます。
  • 全員のすべての手札がなくなったら、「数字カード」を集計して合計が多かった陣営が実権を握ります。
  • 「実権を握った側の有力者カード」で最も有力なカードを持つプレイヤーが勝利です。
  • 例えば「君主制派」が実権を握った場合は、20に近い有力者カードを持っているプレイヤーの勝利となります。
  • ゲームに変化を持たせるために、「リムーブカード」と「ニューリレーションカード(鞍替えカード)」が用意されています。

詳しいルール説明や、説明書の画像は下記からご確認ください。

ルール説明
http://gamemarket.jp/blog/backingrule20161205/



ブース名
ブース番号
2017春 L14 

ブース詳細
シベリアはボードゲームやカードゲーム、テーブルトークRPGなどを作っています。
Twitter
@ystm
その他
http://siberiaca.com
トップへ