ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

Taiwan Boardgame Design

大肚王国

デザイン ジョグ・クング(Jog Kung)
イラスト Thinking Design studio
人数 2~4人
時間 40~80分
年齢 10歳~
価格 3600円
発売 2019秋
予約 http://bit.ly/2pEFvj1_TBD_TGM19A
レビュー 外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1 台湾原住民
3行で説明2 拡大再生産
3行で説明3 ワーカープレイスメント

ゲームの物語

17世紀半ばになるまで、大肚王国は台湾の桃園から鹿港まで存在していました。その文明は文字を使う事を覚えていなかった為、王国の始まりと発展の考察は難しかった。その文明についての一番早い文字記録は、台湾に踏み入れたオランダ東インド会社による物です、その会社は1645年大肚王国と武装衝突を起こし、反抗した13の部落は壊されました。その後、両者は平和協約を結びました。

その前に、大肚王国は島にあるとても平和的な多部族聯盟でした。部族の間は独立しながらも共存し、国王は形のリーダーとして、部族の揉め事を解決しますが、直接に各部族を統治する事はありません。プレイヤーはこのゲーで各族の頭領となり、狩り場で各種の獲物を掴まえて、連合の村で道具貿易を発展させ、祖霊を祀る事で名声を得ます。そして一番大事なのは、狩りの季節が終わるお祭りで、人々に自分の部族の活躍を見せつけて、部族の物語を永続させることです。

ゲームの説明と目標

    ゲームは四回の狩りの季節が終われば終了します。プレイヤーは各狩りの季節で二か三ターン動けます。自分の手番になった時、先に狩り場でどの動物を捕まえるか決めます、その後で村から人を派遣し、猟具、貿易、祭事の発展と長老からの教えの四つの行動から一つ選び、執行します。プレイヤーは有効的に獲物を分解する事をこなしながら、今季のお祭りの話題に注目し、活躍を勝ち取り、最高な名声を獲得し、ゲームに勝ちます。

ゲーム紹介その1:独特機制とルール概要

ゲーム紹介その2:狩りの季節の終わり

日本語ルールはこちら

定価 4,000円,GM価格3,600円

エーセンシュピールで試遊者は大好評

BGGブースでゲーム紹介

ブース名

Taiwan Boardgame Design

Taiwan Boardgame Design

ブース番号

2019秋 両-イ16 体験卓あり

ブース詳細

We bring you fun games from Taiwan!

Twitter

その他

英語公式サイト
http://www.tbdgames.com

日本語公式サイト 
http://bit.ly/2VTUNuV_TBDJ