RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

信長の行動

デザイン Gリング
イラスト Gリング
人数 2~5人
時間 15~30分
年齢 10歳~
価格 3000円
発売 2017春
予約
3行で説明1信長様の家臣同士が「御役目」カードをドラフトして
3行で説明2手札の御役目が信長様の「御下知」(役)を満足するようにメイキング
3行で説明3でも信長様は短気な御方。山札が切れると信長様もキレる!! 「たわけ!腹を切れ!」

~はじめに~
時代は天正年間(1573~1593)。プレイヤーは織田信長が毎月下すコマンド(御下知)を実行する家臣となります。御下知を達成すると、それに応じた「知行」が与えられます。プレイヤーはより多くの御下知を達成し、二万石の知行を得て「大名」になることを目指します。

~ゲームの流れ(概要)~
1.御下知を頂く
各プレイヤーは1枚ずつ「御下知カード」を引きます。これがプレイヤーに課された信長様からのご命令です。「御下知」の内容は他のプレイヤーに知られてはいけません。

2.御役目札を頂く
各プレイヤーは5枚ずつ「御役目カード」を引きます。これが手札となります。手札の内容は他のプレイヤーから見えないようにしてください。
御役目カードは ①数量、②物資、③相手、④行動、⑤武将 の5種類からなります。5種類の御役目カードはさらに5つに細分され、⑤武将 を除く御役目カードには同じカードが3枚ずつあります。

3.御下知の達成
御下知カードには ①数量、②物資、③相手、④行動 について、対応する細別が記されています。プレイヤーは、与えられた御下知に対応する御役目カードをそろえる(ハンドメイキング)ことで御下知を達成します。「必須」とされた2枚の御役目カードが手札にそろえば「成功」、4枚全ての御役目カードがそろえば「大成功」となります。
4.談合(ドラフト)
スタートプレイヤーは、最初に配られた手札5枚の中で御下知の達成に必要ない手札を「公開」します。公開された御役目カードが欲しい他のプレイヤーは、手札の中から御下知の達成に必要ない手札を「提示」します。

公開したプレイヤーが提示されたカードの中に欲しいカードがあれば、公開したカードと提示されたカードを交換(ドラフト)して、それぞれ手札に戻します。

提示されたカードの中に欲しいカードがない場合、公開したカードは捨て札とし、御役目カードの山札から1枚ドローします。
提示したがドラフトされなかったプレイヤーのカードは手札に戻ります。

5.報告
全プレイヤーが談合を一巡した後、スタートプレイヤーは御下知の達成を報告するプレイヤーがいるか、たずねます。
誰も達成を報告しない場合、もう一巡、談合を行います。
報告するプレイヤーは挙手をして達成を宣言します。下された御下知カードの内容を公開すると同時に、手札を公開します。
手札が「必須」の2枚を満たしていれば「成功」の知行を得ます。手札が4枚全てを満たすか、必須の2枚と⑤武将を揃えていれば「大成功」の知行を得ます。
知行を得たプレイヤーは獲得した知行地が上になるように、御下知カードを手元に置きます。
達成の報告は同時に複数のプレイヤーが宣言できます。
一人でも達成を報告したら、そのラウンドは終了となります。達成されなかった御下知カードは全て捨て札となります。全ての御役目カードを混ぜて山札をつくり、次ラウンドを1.から開始します。

~武将カードと激怒カード~
1.武将カード
5人の武将にはそれぞれ得意な「行動」が定められています。御下知の「行動」と武将カードの「行動」が一致した場合、必須の御役目カード2枚を揃えた時点で「大成功」となります。「行動」が必須だった場合、武将カードを行動カードと見なし、もう1枚の必須カードを得た時点で「大成功」と見なします。
2.激怒カード
御役目カード山札の一番下にある激怒カードを見せてしまったプレイヤー=山札の下から2番目の御役目カードをドローしたプレイヤー は、御役目がはかどらないために、信長様の逆鱗に触れてしまいます。激怒カードを見せてしまったプレイヤーは「知行」の没収か「切腹(ゲームから脱落)」という厳しい御沙汰を受けます。

『信長の行動』のルールに関する問い合わせを公開しました。(2017/04/29)

ゲームマーケット2017春の新作『信長の行動』の追加マニュアルを公開しました。(2017/04/29)
信長の行動・追加ルール

ゲームマーケット2017春の新作『信長の行動』のマニュアルを公開しました。(2017/04/19)
信長の行動・ルール



ブース名
ブース番号
2017秋 両-E003 体験卓あり

ブース詳細
Twitter
@mengere9
その他
トップへ