ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

中村誠

マッハでマッパー

デザイン 中村誠
イラスト 珠洲ノらめる
人数 2~8人
時間 10~15分
年齢 8歳~
価格 200円
発売 2019秋
予約 https://triokini.com/circle/item/list/182577
レビュー 外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1 ダンジョンマスターはダンジョンのマップを口頭で説明
3行で説明2 マッパーはダンジョンマスターの説明からマップを描く
3行で説明3 マップをいち早く完成させたペアが勝利!

かつて、マッパーという職業があった。
ダンジョンの支配者であるダンジョンマスターの声を聞き、
ダンジョンを構造を方眼紙に記録し、地図を描く者だ。
あのころ誰もがやっていたマッピングだが、
時を経た今、マッピングをするものは数えるほどしか残っていない……。

このゲームは、かつてTRPGで誰もがやっていた
「マッピング」という古の技を遊ぶゲームです。
ダンジョンマスターとマッパーがペアを組み、
ダンジョンマスターはマップカードに書かれた地図を口頭で説明し、
マッパーはその説明を聞いて地図を描きます。
いち早くマップを完成させたペアが勝利します。

たとえば、ダンジョンマスターはこのカードをひき、
向き(どちらが北か)と、出発点(四隅のどれか)を決めます。

ダンジョンマスターはこのマップカードを見て説明をします。
キミは4×4マスの部屋の南東の隅にいる。
部屋の西の壁の一番南に扉がある。
その扉をぬけると南北に続く通路の南端に出る。
通路は北に向かって3マス進んだところで西に折れ、
さらに1マス進んだところで東に折れている。
また、今の場所の西の壁には扉がある。

マッパーはこの説明を聞いて、下のマッピングシートに地図を描いていきます。

さて、ダンジョンマスターとマッパーは協力して、マップを完成させることができるでしょうか?

●マップカード

厚紙1シートに12枚が配置されているので、それをミシン目にそって切り離します。
全部で24枚ありますが、表と裏にちがうマップが描かれているので、
全部で48種類のマップになります。
また、方向を変えたり、出発点を変えたりできるので、
様々なバリエーションを楽しめます。
48種類のマップはすべて8×8のマップ。
1980年代に一世風靡した、あの国民的ゲームブックをリスペクトしています(12階分足りませんが)。
マップのほとんどには「隠し扉」があり、隠し扉と隠し部屋の場所を推理します。
60種類くらいを作ってその中から厳選したマップをお楽しみください。

●マッピングシート

マッパーがマップを描くための用紙です。
当時私はオキナの「Project Paper」を使っていましたが、
今回専用のマッピングシートを用意しました。
おためし版的なOPPパックセットには10枚、
箱入りのDXボックスセットには100枚入っています。

————————————————————————————————————
OPP袋と箱入りの2種類のセット
————————————————————————————————————
●OPPパックセット
毎度おなじみの、切り離し前のマップカードとマッピングシートを
21×28cmのOPP袋に入れてお渡しする、廉価版のおためしセットです。
とはいえ、カードはDXボックスセットと仕様も内容も同じものです。
実際にプレイするには、筆記用具と(できれば)ついたてになるようなものが必要です。
マッピングシートも10枚入っているので、2~4回は楽しむことができるでしょう。

●DXボックスセット

OPPパックセットにさらにカードを収納できるスリーブ箱がついたセットです。
さらにすぐに遊べるように鉛筆とついたても入っています。
また、マッピングシートも100枚入っているので、長く遊ぶことができます。
マップカードの仕様や内容はOPPパックセットと同じになっています。

さらに、特典としてダンジョン表とサイコロがおまけにつきます。

これは、完成したマップに、部屋の中にどんなモンスターがいるか、
どんな罠があるかといった、ダンジョンの中身を入れるための表です。
ゲームには一切関係しませんが、楽しいのでぜひダンジョンの中身も作ってみてください
(TRPGに使ったりするとさらに楽しさが広がります)。
なお、この表をおためしでふってみる診断メーカー(https://shindanmaker.com/944591)を
作ってみたのでよかったら試してみてください。

————————————————————————————————————
内容物
————————————————————————————————————
●OPPパックセット
・カード(70×70mm) 24枚
・マッピングシート(63×88mm) 10枚
・取扱説明書 1枚
・OPP袋入り

●DXボックスセット
・カード(70×70mm) 24枚
・マッピングシート(63×88mm) 100枚
・取扱説明書 1枚
・鉛筆 4本
・ついたて 4枚
・ダンジョン表 1枚
・サイコロ 1個
・スリーブ箱入り

ブース名

中村誠

中村誠

ブース番号

2019秋 両-E15 体験卓あり

ブース詳細

ゲームデザイナー中村誠。プロのゲームデザイナーとして、様々な商業作品を製作しています。またアナログゲームの製作について、企業や個人のご相談に乗ったり、製品化実現にむけてのお手伝いを行っております。ゲームマーケットでは、普段のゲーム製作にはこだわらない、新しいコンセプト作品の提案を行ないます。

Twitter

その他

http://maco.cha.to/