ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

負味

マケランディア(MACELANDIA) 戦略シミュレーション カードゲーム

デザイン 足利政紀
イラスト 吉岡泰介(ima studio)
人数 4~8人
時間 20~30分
年齢 10歳~
価格 2000円
発売 2019秋
予約 https://macelandia.com/gamemarket/2019/autumn/
レビュー 外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1 光と闇の陣営に分かれて、協力型チーム対戦
3行で説明2 王道ファンタジーの世界観とシュールでかわいいキャラカードのギャップ
3行で説明3 仲間と協力しながら熱い真剣勝負!負けたら「マケランディア!」と潔く叫びましょう。

【戦略シミュレーションの新たな地平】

マケランディアは、チーム対戦型の戦略シミュレーション・カードゲームです。
プレイヤーは光の陣営と闇の陣営に分かれ、マップに配置された「城」や「砦」を守る指揮官となって戦います。
指揮官に求められるのは、広大なマケランディア大陸で地の利を活かす戦略性。
限られた情報から敵の手札を読む推理力。
そして、何よりも仲間との協力が勝利の鍵となります。
この物語の結末は、あなたの手にゆだねられていますーー

 

【マケランディアの世界】

かつて、この世界に「マケランディア」と呼ばれる大陸があった。​​

光の神を信仰する勢力と闇の神を信仰する勢力は、大陸の覇権をかけて幾度となく戦った。
長きに渡る死闘の末、光の妖精ルミールは、暗黒王シオーゼを「白夜岬」の洞窟に封印した。
この戦争は「マケラキ大戦」と呼ばれ、伝説となった。

それから500年ーー

平和な時代が続いていた光の王国アシッドガルドで、不吉な預言がささやかれるようになった。

月が日に重なりし時
暗黒の王、長き眠りより目覚め
闇の軍を率いて立ち上がらん

光と闇、二大勢力の因縁の戦いが、 今再び幕を開けようとしている…

 

【 シュールでかわいい、真顔のキャラクターたち 】

マケランディアに登場するのは、大きくて丸い顔のキャラクターたちです。

みんな同じ顔?
こんな世界で戦争なんて起きるの?

そうですね、たぶんそんな陰惨な戦争にはならないと思います。
楽しく戦いながら、総勢22名の個性豊かなキャラクターたちを愛でてあげてください。

 

【 シンプルながらも、奥深いゲームシステム 】

マケランディアは、シンプルながらも奥の深いゲームシステムを実現した、
戦略シミュレーション・カードゲームです。

プレイヤーが選択するのは、攻撃・援軍・待機というたった3つの行動のみ。
ただし、プレイヤーに割り振られた「城」「砦」の役割の違いや、
遠方へカードを送るときの「遠征ルール」など、巧妙なルールが設けてあります。

シンプルなルールの中に「戦略」「推理」「協力」の要素が詰まっていて、
4〜8人で熱い真剣勝負が楽しめます。

負けた時には「マケランディア!」と、いさぎよく叫びましょう。

公式サイト:https://macelandia.com

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCU_9ljd_vua9IZrLpSMxufQ

ブース名

負味

負味

ブース番号

2019秋 両-E09-10 体験卓あり

ブース詳細

劇団を発祥とするゲーム制作集団「負味(まけあじ)」。 元暗号研究者のエンジニア、元アニメーターの動画クリエイター、グラフィックデザイナー、謎のバイヤー、ゲーム好きの暇なOL、というメンバー構成。

Twitter

その他

website: https://macelandia.com