RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

プログラム言語神経衰弱

デザイン
イラスト
人数 2~4人
時間 15~30分
年齢 13歳~
価格 1000円
発売 2018秋
予約
3行で説明1プログラマ向けのカードゲームです。
3行で説明2ルールは神経衰弱ですが、カードは全てユニークで同じプログラム言語をペアにします
3行で説明3ルールは単純なのですぐ始められ、プログラマ同士ですごい盛り上がります!

ルールはトランプの神経衰弱ですが、カードには全て違うプログラムが記載されており、同じ言語をペアにして獲得します。

見ただけでは同じプログラム言語かわかりにくい場合は、カードの上下にあるバーコード状の模様をあわせることによって確認できます。

プログラミング言語はBash, BASIC, C, Go, Java, JavaScript, PHP, Python, Ruby, Swiftを採用しています。各言語ごと4枚ずつで計40枚のカード構成になっています。

各言語とも4枚のカードは、if文、for文(ループ)、関数宣言、その言語特有の記述、のジャンルに分類されます。ifやforは各言語とも似ていますがちょっと異なる部分があったりして、それがトランプでやる神経衰弱とは違った面白さを演出しています。

10言語分入っていますが、全てを使わなければならないわけではありません。メンバーと相談してくわしい人がいない言語については省くのもありです。結構難しいので初回プレイは6言語くらいに絞ることをお勧めします。

自分だけが知識の深い言語がある場合は、そのカードを獲得するとき、ちょっとしたうんちくを披露するのもよいでしょう。その時がこのゲームで一番輝く瞬間かもしれません。

※注意事項
ウラ面の黄色がカードによって若干色の差がありますが仕様になりますのでご了承ください。

デザイナーズノート



ブース名
ブース番号

ブース詳細
Twitter
@agepeanuts
その他
トップへ