RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

トルトレント

デザイン SoMay
イラスト SoMay
人数 3~5人
時間 30~60分
年齢 6歳~
価格 1500円
発売 2019春
予約
レビュー外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1霊峰の麓に住む精霊樹になって「あおむし」を育てて「蝶」にするゲームです。
3行で説明28枚の手札の中で育てた「あおむし」は、長い順に5点3点2点の「蝶」に変わります。
3行で説明3「蝶」を沢山あつめて、先に20点獲得したプレイヤーの勝利です。

「霊峰の麓で精霊樹になって、次の長老を決めるために、アオムシから育てた蝶の出来を比べないか?」っていうカードゲームです!

※以下は、「トルトレント」のルールのテキスト版になります。現在、絵を入れたもっと解りやすいルールブックを製作中です。

『トルトレント』 ルール

あなた方は、霊山の麓にある森に住む精霊樹「トルトレント」です。霊山の恵みを受けて大きくなったトルトレント達は、次の森の長が誰なのかを決めることにしました。しかし、なかなか決めることができません。最後に最も公平な手段として、各々で「蝶」を育て品評会を開くことになりました。立派な「蝶」を沢山育てた精霊樹が次の森の長です。

目的:8枚の手札の中で、「あおむし」をより長く多く完成させる。
終了条件:誰かが総合得点で20点を超えて単独首位となった時点で終了。
勝利条件:ゲーム終了時、最も総合得点の高い人の勝利。
概要:以下の5つのフェイズを使って、8枚の手札のなかで「あおむし」をつくります。これを1ラウンドとして、終了条件が成立するまで繰り返します。
①手札を全員に配り山札を準備する【準備フェイズ】
②手札からカードを捨てる【落葉フェイズ】
③他人からカードを取る【トリフェイズ】
④場からカードを拾い「あおむし」を完成させる【成長フェイズ】
⑤完成した「あおむし」を「ちょう」に変え点数を得る【変態フェイズ】

【トルトレントの約束】
みなさんは、「トルトレント」という精霊樹です。人間のように器用なことはできません!ゲーム中は、以下の項目を守ってください。
●ゲーム中は、手札の中身を並び換えることはできません。
●手札全体を上下逆にすることはいつでもできます。

●カード紹介●
頭:「あおむし」の頭です。
尻:「あおむし」の尻です。
胴:「あおむし」の胴体です。1~3の長さがあります。
トリ:トリです、追加で他の人の手札からカードを取り上げ場に置くことができます。
花:トルトレントに咲く花です、最後のフェイズで手札に花が1枚も無い場合、ペナルティがあります。また、2枚以上花があった場合はボーナスがあります。
ギタイ:手札にあるときは、頭、胴、尻のいずれかに変えることができるカードです。さらに、場に出ていればトリから身を守ることができます。ただし、動かないせいで、成長の順番を1度パスしなければなりません。
ちょうちょう:持っていれば1点になります。
【SUGOKUNAGAI伝説】:最も長い「あおむし」をつくった人を讃えます。持っていると4点になります。

●カード内訳●
【頭】、【頭頭】、【頭尻】、【尻】、【尻尻】: 各5枚
【胴1】、【胴2】、【胴3】 :各10枚
【花】:7枚、【トリ】:5枚、【ちょうちょう】:2枚
【ギタイ】:2枚、【SUGOKUNAGAI伝説】:1枚

 

●「あおむし」の作り方●

ゲームの目的は、8枚の手札の中で「あおむし」を作る事です。 頭、胴、尻 がバラバラの「あおむし」を決められた手順に従って並べ換えます。胴カード1枚以上を1枚の頭カードと1枚の尻カードで挟むことで「あおむし」は完成します。「頭や尻の方向が違う」、「頭と尻の間に胴とギタイ以外のカードが挟まっている」場合は不成立です。
頭と尻1枚ずつ、胴は何枚あってもかまいません。胴を複数挟む事によって長い「あおむし」を作ることができます。
頭と尻には左右、向きがあります。向きが正しくあっていなければ、頭、胴、尻が揃っていても完成ではありません。
「頭と尻」「頭と頭」「尻と尻」と、頭もしくは尻が複数描かれているカードがあります。頭と尻のどちらか、もしくはその両方を同時に利用して完成させてもかまいません。

 

①【準備フェイズ】山札を準備してカードを配ります。

①起点となる人(以下:「親」)を決めます。最初の親は「最近飛んでいる蝶を見た人」です。※以後、総合得点が一番高い人が親になります。同点の場合、親から右回りで一番近い人が優先されます。そこに親が含まれていた場合は別の人にします。
②全てのカードから、「花」を人数分取り分け全員に「花」を1枚ずつ配ります。残りのカードは、よく切り混ぜてから7枚ずつ全員に配ります。余ったカードはテーブルの中央に配置し「山札」にします。
③山札からカードを人数分めくり山札の周囲に配置します。

 

 

②【落葉フェイズ】手札から不要なカードを捨てます。

① 各自、配られたカードに「花」を加え8枚にしてから中身を見ずによく切り交ぜます。これが手札になります。
② 手札の中身を確認し、不要なカードを選びます。
【重要】「あおむし」が成立しないカードを捨てて、後の【成長フェイズ】でカードを回収することで「あおむし」を完成させます。【トルトレントの約束】は必ず守りましょう。
③ 全員一斉に各自が要らないカードを表にして自分の前【場】に出します。【落葉フェイズ】と次の【トリフェイズ】によって、【場】に出ているカードが多い人から右回りに【成長フェイズ】が始まります。
【重要】【トリ】【ギタイ】は、【場】に出すことで次の【トリフェイズ】で効果を発揮します。

 

③【トリフェイズ】他人からカードを取り上げ場に置きます。

【トリフェイズ】は、親から右回りに1人1回ずつ行います。
①自分以外の1人を指名し、その人の手札を1枚抜き取り、表にして【場】に出します。抜き取ったカードを誰の【場】に出すかは自由です。人から取る代わりに、山札から1枚取って【場】に出してもかまいません。
②自分の【場】に【トリ】がある場合、その人は、【トリ】1枚につき追加で1度【トリフェイズ】を実行します。
例:【トリ】カードが2枚【場】に出ていれば、手札を3枚取る事ができます。合計で3枚、自分以外なら、誰(OR山札)から何枚取るかは自由です。
【重要】【ギタイ】を【場】に出している人を指名することができません。
【重要】【トリ】や【ギタイ】カードを手札(OR山札)から引いた場合、置かれた【場】の人が効果を発揮します。
【ヒント】 【落葉フェイズ】と【トリフェイズ】によって、【場】に出ているカードの枚数が一番多い人から右回りに【成長フェイズ】が始まります。2つのフェイズを上手に利用して【成長フェイズ】の順番がなるべく早く来るようにしましょう。ときには他人の【場】に置くことも戦略のひとつです。

 

④【成長フェイズ】カードを回収し「あおむし」を作ります。

各自の前に出したカード【場】の枚数が一番多い人から右回りの順に1人1枚ずつ、自分の手札が8枚になるまで補充していきます。拾えるカードは、全員の【場】に表になっているカード全て、もしくは山札から取ります。
【ギタイ】の効果を受けた人は最初の1回目の順番を飛ばされます。(※【ギタイ】が2枚でも1度だけ飛ばします。)
拾ったカードを手札に加える時は、自分の手札の任意の場所に差し込みます。その時、カードの上下はどちらを選んでもかまいません。なお、拾ったカード以外のカードの順番を入れ替えることはできません。
【重要】同数の場合、親から右回りで一番近い人が優先されます。そこに親が含まれていた場合は別の人にします。

 

⑤【変態フェイズ】「あおむし」を「ちょう」にして点数を得ます。

全員、手札を公開して、「あおむし」ができているかを確かめます。(頭 胴 尻)が、正しくそろっていれば「ちょう」にすることができます。?「あおむし」の作り方を参照
・「ギタイ」カードは、自由な方向の「頭」か「尻」もしくは「胴」のいずれかに置き換えます。
・最も胴の長い「あおむし」から順に 1番は5点、2番は3点、3番以降は全て2点の「ちょう」になります。同率であった場合もそれぞれ同じ点数の「ちょう」になります。
・「トリ」がいた場合手札から除外します。その後「トリ」1枚につき1枚だけより高得点になるように手札を移動します。
・「ちょうちょう」が描かれているカードは、1枚1点です。
【SUGOKUNAGAI伝説】4点です。最初に胴が10以上の「あおむし」を「ちょう」にした人は【伝説カード】を受け取ります。その長さは伝説として点数チットで記録しておきます。以後、伝説を超える長さを作った人に【伝説カード】を渡します。伝説を作った人が同時に複数現れた時は、再び伝説が現れるまで【伝説カード】はゲームから除外します。
【花ボーナス】手札にある「花」の枚数によって、完成した「あおむし」の全ての胴カードが以下のように変わります。

花⇒胴カードに記載されている胴の数
 花0枚⇒胴1ずつ下がる    花1枚⇒変わらず
 花2枚⇒胴1ずつ上がる    花3枚⇒胴2ずつ上がる
※花0枚の時、胴1のカードは、胴0となりカードは無いものとみなします。

 

【ゲームの終了】

総合得点が20点以上で単独首位の人が現れるまで、①~⑤の5つのフェイズを繰り返します。20点を超してもっとも得点の高い人が勝利です。勝利した人は、次の「トルトレントの長」です。皆が祝福します。霊山の色が薄紅色に変わり「新しいトルトレントの長」を祝福してくれているようです。

 

☆難易度の調整☆

通常のルールに慣れてきたら以下の項目☆を自由に導入して難易度を調整して遊んでください。
☆:「花」の枚数を(人数+2)枚とする。
☆:【SUGOKUNAGAI伝説】を使わない。
☆:各胴カードを減らして、胴1:10枚、胴2:8枚、胴3:7枚とする。
☆:「ギタイ」は、3~4人:1枚、5人:2枚とする。
☆☆:4位以下の「あおむし」は、無得点とする。
☆☆☆:【トリフェイズ】と【成長フェイズ】で、山札から取れない(但し、山札の周囲に公開されたカードは取れる)とする。

「トルトレント」
ゲームデザイン:SoMay
E-Mail: somay@somay.sakura.ne.jp
Twitter: @somaybrave
監修・協力:ジャグラーズ☆パーティ
Twitter: @JPMCU
cSoMay

 



ブース名
ブース番号
2019春 土-S01 体験卓あり

ブース詳細
Jugglers☆Party(ジャグラーズ☆パーティー)は、都内で、毎月1度ボードゲーム&TRPG コンベンション、アナログゲームのオープン会を開催しているサークルです。
Twitter
@JPMCU
その他
「七味ならべ」は、 Jugglers☆Party コンベンション または、
東京上野にある「ボードゲームカフェムスビヨリ」さんと、同じく東京水道橋にある「水道橋JELLYJELLYCAFE」さん、東京立川にある「立川JELLYJELLYCAFE」さんで遊べます!
トップへ