RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

グーチョキパーダラピン

デザイン 高橋晋平(株式会社ウサギ)
イラスト 吉川晋平(有限会社エハラ)
人数 2~6人
時間 3~15分
年齢 6歳~
価格 1500円
発売 2018春
予約 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfY3tZpOlcpk4nLSUxehZ1ePA1IOd_bzpLffWVOXuNR9qjmuw/viewform
3行で説明15種類の手で戦う、「ダラ」と「ピン」が加わった前代未聞のジャンケン!
3行で説明2相手の心の裏のウラを読む究極心理戦!
3行で説明32人(1対1)での対戦が激熱! 大勢でのパーティゲームとしても◎!

※ゲームマーケット2018春では、後にも先にもこの1日だけの会場特別価格で販売。通常税込1,800円のところを、税込1,500円で数量限定販売します。ぜひブースD40にお越しください。

新カードゲーム「グーチョキパーダラピン」。

これまで何百年もの間、3種類の手で戦うことが常識とされていたジャンケンを、5種類の手で戦うよう改変し、究極の心理戦が生まれるようにしたゲームです。

今回のゲームのポイント

・6歳から大人まで簡単に遊べます。ルール説明2~3分。

・2人~6人まで遊べ、さらに、商品が2セットあれば12人まで遊べます。

・1対1で、例えば罰ゲームとか、会社の決済とか…大切なものをかけて遊ぶのが一番ドキドキし白熱します。

現在以下のフォームでも先行予約申し込み受付中です。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfY3tZpOlcpk4nLSUxehZ1ePA1IOd_bzpLffWVOXuNR9qjmuw/viewform

 

【勝敗表概要】

 

プレイ動画はこちら↓

※以下は、お酒を飲みながら遊んでいる、ゆるい動画です。ご了承の上ご覧ください。

ルールテキスト

【ゲームの勝敗】

最後まで脱落せずに残った人が勝利です。

下のどちらかに当てはまった人は即、脱落します。

・ハートチップが5枚全部裏になった。

・「グー」「チョキ」「パー」のカードを全部捨てた。

 

【グーチョキパーダラピン 勝敗について】

・グーチョキパーの勝敗は普通のじゃんけんと一緒。

・ピンは、グーチョキパー全部に勝つ。

・ダラは、グーチョキパー全部に負ける。

・ピンは、ダラに負ける。

・カードに書いてある数字が、勝った時に相手のハートを裏返す枚数。

・グーチョキパーは、一度負けたらカードを捨てなければならない。

・チョキに負けたら、手持ちのグーチョキパーどれか1枚を捨てなければならない。

 

【ゲームの進め方】

1.普通のじゃんけんで最初の親を決めます。親は好きな人を1人指名し、その2人で対戦をします。

2.持っているカードから1枚を選んで、自分の前に伏せて置きます。2人ともカードが決まったら、「グーチョキパーダラピン!」の掛け声とともにカードを表向きにします。前述の勝敗表に従って勝ち負けを決めます。(同じカードを出した場合はやり直し)

3.勝敗表に従って、ハートチップを裏返したり、カードを捨てたりします。次は、その対戦で負けた人が親になり、また誰かを1人指名して2人で対戦をしていきます。この流れを繰り返します。

4.脱落条件に当てはまった人は負けとなりゲームから抜けます。ゲームから抜けた人がいた場合は、その対戦で勝った人が親になり、また誰かを1人指名して2人で対戦をし、ゲームが続きます。最後まで残った人が勝者です。



ブース名
ブース番号
2018春 土-D40 体験卓あり

ブース詳細
おもちゃクリエーター高橋晋平の会社です。 アナログゲームの代表作は『民芸スタジアム』です。
Twitter
@simpeiidea
その他
トップへ