RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

カンガルーマッチ

デザイン 田上雄一(TAGAMI GAMES)
イラスト 田上雄一(TAGAMI GAMES)
人数 2~4人
時間 10~15分
年齢 8歳~
価格 1500円
発売 2019春
予約
3行で説明1たして(+)ひいて(-)数を合わせて得点ゲット!
3行で説明2手札増やして効率UP、だけど残すと減点バッド!
3行で説明3低い得点狙ってそろえて効果発動!逆転マッチ!

 

ゲームの目的

数カード3枚でつくった値と、点数カードの値を同じにすると得点をゲットできます。ゲームが終了したときに、得点の合計が最も高いプレイヤーが勝利します。

 

どんなゲーム?

手番に場からカードを1枚とって数値を調整して、値が合えば得点するというシンプルな流れで進むゲームです。

合計得点を競うので高い得点を狙いたいですが、低い得点には合計を2倍にするものや、そろえたら即勝利のものもあるので、得点の集め方がポイントになります。

ただ集め方を迷っていると、誰かが得点を4つ集めた時点でゲームが終了してしまうので気をつけましょう。

また点数カードの扱い方も重要で、手札に点数カードを増やせば得点チャンスは増えますが、ゲームが終わったときに手札に残っていると減点になってしまいますし、タイミングによっては減点を押し付けることもできます。

私(作者)のテストプレイ環境では、3人プレイが一番面白かったのでお勧めしていますが、2人・4人でも問題なく遊べます。

ルールはシンプル、カードには数値と簡単なアイコンがついているだけなので、初心者にもわかりやすく、カウンティングできる上級者まで幅広く遊べるゲームになっていると思います。

※酔って遊ぶと数値の計算(足し算と引き算)ができない場合があります(笑)

 

 

《内容物》

  • 数カード(63×89mm)  24枚
  • 点数カード(63×89mm) 16枚
  • 説明書(B5表裏)        1枚

 

解説その1(カード構成)へ

解説その2(手番にできること)へ

解説その3(得点化)へ

解説その4(得点効果とゲームの終了)へ

 

ルールはこちらから確認できます。

★ ゲームマーケット2019春 発売!



ブース名
ブース番号
2019春 土-W21 

ブース詳細
アナログゲーム制作のタガミゲームズです。作品:オレカジ・魔物と英雄・原始人の晩餐・あてずっぽ殺人事件・もぐらの父さん・金沢ごいた(イラスト)・ワラドの冒険・マルチの頂点・ノラネコ小隊・ブタに神樹 【新作】カンガルーマッチ
Twitter
@TagamiGames
その他
公式サイト
https://tagamigames.wixsite.com/website
旧サイト
http://tagamigames.web.fc2.com/
トップへ