RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

どうぶつれんさ

デザイン DeltaCephei
イラスト 花野ことり
人数 2人専用
時間 5~15分
年齢 4歳~
価格 1200円
発売 2017神戸
予約
3行で説明1カードゲームとボードゲームの中間のようなシステム
3行で説明2小さなお子様でもゲーム可能なシンプルなルール、かつ、大人も楽しめる。
3行で説明3使用するボードは自由に設定可能。

・通信販売は以下のページで行っています。

https://deltacephei.booth.pm/items/529486

 

・アプリゲーム版もございます。お時間ありましたらこちらもどうぞ。

    Android版   iPhone版

・ゲームの特徴

 プレイヤーはカードに描かれたどうぶつが

 つながるようにカードをボードに出し、

 相手より早く相手の陣地に到達することを目指します。

 一手一手の重みや先読みが重要なボードゲームと、

 運や戦略が勝敗を決めるカードゲームの、

 両方の良い所を合わせたゲームです。

 

・ゲームの流れ

 ①2人で今回使用するボードの形を決め、

  カードを並べてボードを作ります。

  2人から見える形が同じで、合計45枚以内であれば

  自由に決められます。(迷うときは同梱の

  「ボードカード」から選んで決めてください。)

ボード3種類

 ②各プレイヤーに4枚ずつ手札を配ります。

  残りを山札として置いておきます。

 ③各プレイヤーボードの自分に一番近い列の

  カード(ベース)を見て、手札と自由に入れ替えて

  ベースを決定します。

 ④両プレイヤーはベースが決まったら、

  同時に表向きにします。

 ⑤山札の一番上のカードと「先攻カード」を混ぜて

  2人で引き、「先攻カード」を引いた方が先攻で

  ゲーム開始です。通常のカードを引いた方は

  そのまま手札に加えます。

  (後攻は手札を1枚多く持つことになります)

 

 ⑥プレイヤーは自分のターンに、

  以下のABどちらかの行動をします。

  A どうぶつがつながるようにカードを出す

   ボードに既にある自分の表向きのカードを見て、

   小さい左右のどうぶつにつながるように

   カードを出します。裏向きのカードの所に出す

   場合、入れ替えてそのまま手札に加えます。

 

   表向きのカードの所に出す場合、そのまま上に

   重ねます。(手札が1枚減ることになります。)

   この時、相手のベースにカードを置いた場合は

   勝ちとなりゲーム終了です。

  B パスをして山札から1枚ドローする

   カードを出せない、または出したくない時に

   山札から1枚ドローして相手にターンを回します。

 

   パスした時に山札が無ければ、ボードの裏向きの

   カードから選んで1枚ドローします。ドローして

   カードがなくなったところには、

   今後カードを置くことはできません。

   ボードの裏向きのカードもなければ、

   「ドローなしパス」となります。

   2人が「ドローなしパス」を連続でした場合、

   ゲームは引き分けで終了します。

 

 ⑦2枚のカードで同じどうぶつをつないだ場合、

  つないだカードを「ダブル」といい、

  相手が上に置けなくなります。

  土台の2枚のどちらかが上書きされれば

  「ダブル」は解除されます。

  (ダブルはプレイする年齢により無しでも可)

ダブル説明



ブース名
ブース番号
2018春 土-H35 体験卓あり

ブース詳細
主にアナログゲームを中心に制作している個人サークルです。 二次創作・オリジナルどちらもやります。
Twitter
@seasideOrchard
その他
トップへ