RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

このタイミングで【新作】『あの定期的に開催されるスポーツの世界的祭典のシンシュキョウギ』の頒布決定

デザイン 黒澤でべそ
イラスト
人数 2~5人
時間 5~15分
年齢 12歳~
価格 1500円
発売 2019春
予約
レビュー外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1スポーツの新種競技(シンシュキョウギ)の提案者になり
3行で説明2「どんな競技なのか?」を考えながら
3行で説明3さっとマスターしてドヤ顔するゲーム

ストーリー:
あなた方は、数年間ごとに開催される世界的なスポーツのあの祭典の実行委員会のひとりです。
世界的イベントの頂点たるあの祭典でもマンネリが懸念されています。
それを防ぐべく、あなた方は「新種競技(シンシュキョウギ)」を次大会の正式種目しようとしています。
さて、どんな競技でしたっけ……?

ルール:
1.競技カードをよく混ぜます。
ひとつの山にします。これを山札といいます。
山札をみんなからよく見えるところに置きます。
2.スタートプレイヤーがみんなに見えるように、
山札の1番上のカードをめくり、山札の横に置きます。
3.競技カードには、それぞれ2つの要素が描かれています。(「競技名」「競技人口」など)
五競技あり、それぞれ5つの要素があります。最初は全て白紙です。
めくった人は、他の人がしらない、その競技のその要素について、プレゼンします。
(プレゼンといっても簡単に一言で分かりやすくしといてください)
もしめくったカードの二つの要素の内、すでにプレゼンされていた内容なら、
いち早く、そのプレゼンの内容を叫んでください。
早く言った人がそのカードを引き取ります。
また、引き取った人は、二つの要素の内、もう一方のプレゼンがまだなら、
その要素について、プレゼンを行ってください。
二つともプレゼンされていない場合は、めくった人が二つの要素のプレゼンを行います。
※二つともプレゼンがされ済みの場合は、上に書かれた要素から順番に叫びます。
4.めくる人は、時計回りに交代していきます。
山札がなくなったら、ゲーム終了です。
一番多くのカードを引き取った人が勝ちです。

プレゼンサンプル:
競技名:『Mっこ王相撲(えむっこおおずもう)』
競技人口:『2万人(にまんにん)』
得点方法:『感じたら1点(かんじたらいってん)』
有名選手:『富士の山(ふじのやま)』
最強国:『JAPAN!(じゃぱん)』



ブース名
ブース番号
2019春 日-W15-16 

ブース詳細
Twitter
その他
トップへ