RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

【2018秋新作】SKIT DO(スキットドゥ)

デザイン 小林林檎
イラスト 小林林檎
人数 2~人
時間 10~14分
年齢 12歳~
価格 1000円
発売 2018秋
予約 https://createkk88.wixsite.com/88create/reservation
3行で説明15分で理解、10分で決着!
3行で説明22枚ポーカー(風)ゲーム

SKIT DOは1から5までの数字が描かれた5色のカードを

2枚組み合わせて役(=スキット)を作ります。

その作った役が強いプレイヤーが勝利となる

“自称”究極の心理型カードバトルです。


コンポーネントイメージ

※カードは開発中のものです。実製品と異なる部分がある場合があります。

 


内容物

数字カード

1~5×5色   ・・・全25枚

0(ゼロ)カード・・・2枚

  

ルールカード・・・3種全5枚

サマリーカード・・・2枚


SKIT DOの遊び方

●ゲームの準備

・2人のプレイヤーにそれぞれ10枚のカードと0のカード1枚の計11枚を配ります。

 →残った5枚の数字カードはこれからのゲームで獲得できる得点になります。

・ルールカードを全てシャッフルし、伏せて山札にしておきます。

 

●ゲームの流れ

①ルールカードと2人の手札以外の余った数字カードから1枚ずつオープンします。

②各プレイヤーは手札の中から2枚を選び、そのカードを裏にして手元に置いておきます。

③両プレイヤーがカードを置いたら、前のピリオドで負けたプレイヤーから

 相手の伏せたカードを「オープンするか」「何もしないか」を選択します。※両プレイヤー選択と処理が終了したら、④に移行します。

 

 >「何もしない」を選択した場合
  相手プレイヤーに手番が移ります。相手も同様にオープンするかしないかを選択します。
 >「オープンする」を選んだ場合
  相手の2枚のカードの内、どちらか好きなカードを1枚選んでオープンします。
  オープンした後その書かれている内容を処理します。

 

④伏せられているカードを一斉にオープンし、役をチェックします。

 この役が強いプレイヤーが勝利となります。

 勝利したプレイヤーは①でオープンした数字カードを獲得し、その数が得点になります。

●ここまでが1試合の流れです。これを5回繰り返し、ゲーム終了です。

●ゲーム終了後、獲得した得点を計算し高いプレイヤーの勝利となります。

 


SKIT RANK(役の強さ一覧)

勝負の分かれ目となる役のリストです。

 


STRONG

強いスキットを出したプレイヤーの勝利です。

SKIT DOにおいて最もシンプルなルールで、

5回戦中3回戦がこのルールになります。

 

WEAK

STRONGとは逆に弱いスキットを出したプレイヤーの勝利です。

5回戦中1回このルールでのバトルになります。

 

TOTAL

この勝負ではスキットは一切関係なく、

出した2枚の数字の合計が大きいプレイヤーの勝利となります。

5回戦中1回このルールでのバトルになります。



ブース名
ブース番号
2018秋 土-E24 

ブース詳細
1人で企画・デザインを行う ポツネン型ゲーム制作サークル。 GM2016秋にて初出展となります。
Twitter
@yachi58_ringo
その他
トップへ