RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2018年05月01日(火) 11:05

【2018春1日目 J52】「明日、月が落ちるって」プレイ風景紹介

こんにちは。natac宣伝担当です。

プレイ感を掴めていただければと思い、今回はプレイ風景を紹介します。

「明日、月が落ちるって」は見えない明日の月を推理して当てるカードゲームです。自分の月はわかりませんが、下の手番の人の月と、上の手番の人の回答がわかるのでそこから推理していきます。

ゲームシステムとコンポーネントについは以前の記事で紹介していますので、気になった方はご覧ください。

【2018春1日目 J52】「明日、月が落ちるって」ゲームシステム紹介

【2018春1日目 J52】「明日、月が落ちるって」コンポーネント紹介

 

プレイ風景

次の写真をご覧ください。4人でプレイした場合の最初の状況です。

レベル2の皆既月食×1、部分月食×1、レベル1の三日月×2、満月×2があります。自分の当てるカードはこの6枚から選ばれます

まずはプレイヤー1視点です。

先ほどの6枚を裏向きで混ぜ、2枚を裏で取り除きます(写真上)。その後、1枚を見ないで手元に置きます(写真右下)。さらに残りの3枚を自分だけで確認します(写真左下)。手元に置いた裏のカードのレベルを推理していきます。

うーん、この場合は手元のカードがレベルは判断できなさそうです。

推理できない場合は「わからない」を選択することができます。

その後、自分だけ確認した残りの3枚から1枚を裏向きでプレイヤー2へ渡します。プライヤー2はこのカードのレベルを推理していきます。

続いて、プレイヤー2視点です。

プレイヤー1から裏向きのカード(写真右下)と残りの2枚(写真左下)を受け取ります。

さて、プレイヤー1の回答は「わからない」でした。今回レベル2×2、レベル1×4枚でしたので、そのうちの3枚を確認して「わからない」となるのは、レベル2のカードが2枚含まれていない場合です。
なのでこの場合、裏のカードはレベル1のカードであることがわかります。

裏のカードがわかった場合は手札から同じレベルのカードを出します(写真右)。

続いてプレイヤー3、プレイヤー4と続いていきます。


はい。だいたいこんな感じです。

ビビッときた方はゲームマーケット2018春1日目【J52】ブースへ、ぜひ遊びに来てください。

さらに、とてもビビビッときた方は 取置き予約 もやっていますので、是非ともご利用ください。(取り置き予約は5/3までです。)

最新情報や作者の人間性は @natac_3124  で発信しています。よろしくお願いします。

 



ブース名
ブース番号
2018春 土-J52 

ブース詳細
こんにちは。natacです。 ゲームマーケット2018春で「明日、月が落ちるって」を頒布します
Twitter
@natac_3124
その他
トップへ