ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

take tale table

ブログ2019年05月13日(月) 09:23

Jack Knife拡張セット『Liable Malice』発売――――。

※ご注意とお詫び

この度発売を予定しておりますJack Knifeの拡張セット

『Liable Malice』ですが、印刷仕様の変更が行われました結果

現行のJack Knifeと一緒に遊ぶ事ができなくなりました。

つきましては、会場のブースにて

すでにお持ちのJack Knifeをお持ち頂いたお客様には

無料で新版のJack Knifeと交換いたします。

お手数をおかけしますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

(※1この無料交換にLiable Maliceは付属しません)

(※2交換の際はJack Knife一式を過不足なくお持ち頂きますようよろしくお願いいたします)

 

さて、いよいよ2週間後にせまりましたゲームマーケットに今から武者震いをしております。

TakeTaleTableのゲームデザイナーNです。

「それ先に言えよ」と言われそうなことは一番最初に書く男です。

大変お手数をおかけすることとなってしまいましたが、カードの加工を新しくしたことにより

よりサラッとした手触りでゲームを楽しんでいただけることと思います。

 

本題です、Jack Knifeの拡張セット

『Liable Malice』をご紹介します。

元祖Jack Knifeについてはこちらの記事をご覧ください。

 

手札4枚、7得点で決着のハイスピードにしてエッジの効いた心理戦が楽しめることで好評をいただきましたJack Knifeに

新たなカードを追加することで、よりギラついた、ヒリヒリした駆け引きが楽しめる拡張セットを作りました。

 

 

■追加カードは5種類、ルールは6種類を追加

■待望の「2人対戦用ルール追加」(こちらは新版Jack Knifeにも収録されています)

 

 

1.Cursed Dugger”呪殺の短剣”

こちらは攻守ともに成功すれば、無条件で6点を獲得できるカードです。

そしてなおかつ、このカードを誰が持っているのか、果たして誰も持っていないのか、

という正体隠匿の側面も持ったカードです。

 

2.Cast Parge”主賓の解放”

「人質」の解放をテーマとして作ったカードです。

手に入れた得点を担保として支払うことで使用できるカードで、

人質の位置を読み当てることができれば、通常の攻撃に加えてさらに追加で得点を得られます。

 

3.Dual Sorrow”双対の悲壮”

攻撃の代わりに人質を2か所読み当てる、というカードです。

「状況的にJack Knifeの可能性が高い。が、宣言はあまりにリスキー」という時に使う事で効果を発揮します。

防御役のカード2か所を指摘し、それが両方とも人質であれば成功。

人質を出していたプレイヤーの手札からランダムで1枚を奪って得点にできます。

 

4.Instant Prison”粗鬆の牢獄”

議論というフェーズを設ける事で、防御役同士でのけん制、攻撃役の推理要素を与える

N個人的に一番気に入っているカードです。

防御役全員に使用権がありますが、使用できるのは1人だけ。

もしくは誰も使わなくても良い、というカードです。

使用権をめぐって議論をし、Instant Prison使用者と非使用者で隔離します。

攻撃役は、何本のナイフを提示していようとも

「Instant Prison使用者だけ」

「非使用者だけ」

のいずれかしか攻撃することができません。

Instant Prison使用者は、人質を伏せて攻撃を受けた場合、攻撃役から人質を奪う事ができます。

逆に人質を伏せて攻撃を受けなかった場合は人質を失います。

ナイフカードを伏せていた場合の処理は通常通りです。

人質を失うリスクを負ったうえでInstant Prisonを使うのか、その是非を議論の末に決定づけている、

その議論を攻撃役は傍目に見ている、という、情報とブラフによる戦いがより立体的になったカードです。

 

5.Maddnes Murder”狂気の処刑人”

一度だけなら人質を攻撃した、という事実を無かったことにできるカードです。

2本ナイフと同様、2回攻撃の性能を持っています。

1回目に人質を攻撃してしまった分にはその事実を無かったことにできますが、

2回とも人質を攻撃してしまった場合、人質を伏せていたプレイヤーと

Maddnes Murderの使用者の合計3人がゲームから脱落する、という狂った性能をもったカードです。

 

以上が新規追加カードです。

すべて元祖と同じく「もるのきり」さん書下ろしとなっております。

パッケージ、説明書もデザインを新たに、イラストを寄稿いただいています。

ビジュアルも合わせてお楽しみください。

 

では、当日会場でみなさまにお手に取っていただけることを、

楽しんでいただけることを、

駆け引きに悶絶いただけることを祈って。

 

N

 

==================

カードゲーム「Jack Knife Liable Malice」

対象年齢:12歳以上

プレイ時間:10分程度
プレイ人数:2〜4人

 

[ 内容物] カード10 枚/  遊び方説明書

ブース名

take tale table

take tale table

ブース番号

2019春 両-A09 体験卓あり

ブース詳細

Take Tale Table(「TTT」、テイクテイルテーブル)は、ボードゲームやカードゲームを通してエンターテインメントを追求するクリエーティブ・プロジェクトです。九州・宮崎県、伸び伸びとした南国の環境で、たくさんのクリエイターの皆様のお力を借りながら、多くの新しいゲームやコンテンツを提供し続けていきたいと思います。何卒よろしくお願いいたします。 公式サイトhttps://taletaketable.wixsite.com/taketaletable

Twitter

その他