RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2018年01月05日(金) 18:49

FESCA(フェスカ)マーク配置デザイン原図

既にお気づきの人はいると思いますが、デザイン上のトランプとの大きな違いは、このスートマークの配置にあります。
ランクに応じて5段階にマークの大きさを変えていますが、それに加えてこの独特の配置パターンは誰でも気になることと思います。
上図のようにマークの配置原図にしてみると、なぜこのパターンを採用したか分かるのではないでしょうか。

そうです。左右対称性の美しさを捨てて、カードの視認性(識別性)を優先した配置なのです。
カードが重なっていて一部しか見えてない場合でも、マークの大きさと見えている部分だけで識別できます。

■横に重なる場合の縦部分パターン

■縦に重なる場合の横部分パターン

■斜めに重なる場合の傾斜部分パターン

1,10,11,12は左右対称ですが、2~9は偶数が右に奇数が左に傾く配置にしています。ランクが近いとマークの大きさが近いので、偶数奇数で傾きを変えることを思いついたのです。でも実際に配置してみると、縦にも横にも斜めにも対応できる配置パターンを見つけ出すには、パズルを解くような感じでかなり苦労しました。特に7,9,11が・・・。

これが追い求めた機能美なのです。

関連:

FESCA(フェスカ)をトランプと比較してみた。

FESCA(フェスカ)はゲームではない!

FESCA(フェスカ)のための34のキャッチコピー

 



ブース名
ブース番号
2018春 日-E51 体験卓あり

ブース詳細
「あんりぐあん」 と読みます。 駆け出しの発明家が勢いで一人起業してしまった会社です。 陰陽五行プレイングカードFESCA(フェスカ)をトランプの再発明として創作し、ゲムマ2017秋に初出展しました。Amazonにて販売中です。 ゲムマ2018春は日曜のみE51で、しなり折り紙製ミープルを販売します。
Twitter
@anriguan
その他
トップへ