RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2018年11月04日(日) 22:26

カードゲームの作り方③ コストの支払いかた

 

今回はコストの話

コストを支払う際に、どのような形で支払うかというのはシステムによって違うかなと思います。

マグメルは専用のコストカード『魔石』を用いていますが、毎度のように魔石カードを用いた理由と共に書いて行こうと思います。

 

手札のカードをコストにする。

手札を1枚捨てて1コストのユニットを出すようなカードゲーム。

スピマテ、cell、lyceeあたりはこのカードゲームになりますよね。

これのデメリットは3つくらいあると思っていて

①デッキの内容を相手に晒す

②なにをコストにしたらいいか初心者がわからない

③手札が少なくなる(ブラフが減る)

 

布教という意味を考えると②が一番かなと思います。

MagMell的には③がちょっと嫌だったので不採用ですね。あとたくさんカード引いて沢山コストにする必要があるので、デッキ枚数も増えます。

 

専用のマナカードがある

MtG.Fow.MagMell.等々沢山ありますよね。

これに関してはコスト事故を入れるか入れないかという点で差が出てくるのかなと思います。

土地事故もゲームの1つと考えるならMtGのようなシステムにしてもいいし、それが嫌ならFowやMagMellみたいなシステムにすればいい。

手札のカードを土地にできる(デュエマ)のようなやつもありますが…これはさっきのやつと複合してデメリットを考えてください。

MagMellは土地事故をしたくないのでFow方式を採用しました。

なんで土地方式にこだわりがあるかというと、自分がはまった思い出深いゲームは土地のシステムを採用していたからですね。(D-0)

土地専用デッキを作るとデッキが2つになってしまう為、戸惑ってしまうこともあるかなと思います。

それは敷居を上げる原因になってしまうので、あんなに採用するのは良くないかもしれません。

カードを出してる場を見るだけでリソースを確認できるのは良いですよね。

というかなり独断と偏見な記事になってしまって申し訳ありません。

このコストについては思いつきじゃ書ききれないですね。他にも沢山ある。

もっとわかりやすくしてコピー本とかでまとめようかなと思います。

 

次はコスト相応のカード(マナレシオ)について話して行こうかなと思います。



ブース名
ブース番号
2018秋 土-F52 体験卓あり

ブース詳細
魔法決戦型カードゲームを作成している山科 文彦(やましな ふみひこ)です。カードゲーマーの方々は勿論、ボードゲームが好きな方々にも面白いと言ってもらえる戦略性の高いゲームを制作できるよう日夜制作に励んでおります。
Twitter
https://twitter.com/Scarecrow0
その他
トップへ