RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2018年04月15日(日) 20:39

オネズミ算について

■概要
このゲームを簡単に表現するなら『スリルと度胸のシンプルなギャンブルゲーム』です。
細かな説明は以下の通りです。

現在、オネズミ算は通販を受け付けています。通販特典としてチーズコマ付きです(チーズコマは無くなり次第、通販特典終了とさせていただきます)。
宜しくお願いいたします。

 


■おはなし
10人兄弟のネズミたちは、かわりばんこに猫の隙をついてはチーズを盗み出します。一度に多くを覚えられない猫ですが、同じネズミが通れば見逃すことはありません。猫に見つからないようにお腹をふくらませましょう。

■内容物
・数字カード55枚(1〜10が描かれているカード。1は1枚、2は2枚…というように、各数字のカードはその数字の枚数分あります)
・反転カード1枚
・説明書2枚(通常ルールとペア戦ルール)

■準備
そのカード枚数と同じ数が書かれた、1から10までの数字カードをよく混ぜて裏向きの山札を用意し、山札の真ん中あたりに、反転カードを裏向きに差し込みます。

■遊び方
各自、手番が来たら以下の要領で、1枚以上のカードを一列に並べていきます。
①まず、山札の一番上のカードをめくって表にし、新しい列の最初の1枚として自分の前に置きます(すでに以前の手番で作った列が自分の前にある場合は、新しい列を始めます)。
②その後、「A:同じ数字のカードを2枚置く」か「B:ストップを宣言する」まで、「山札の一番上のカードを表にして、直前に置いたカードの右隣に並べて置くこと」を繰り返します。

A:同じ数字のカードを2枚置く
同じ手番内(つまり、同じ列)に同じ数字のカードを2枚置いた場合、手番はただちに終了となります。その2枚目のカードも含め、手番を行っていたプレイヤーは、自分の前にあるすべての列のカードを失点カードとして引き取り、自分の失点カード置き場に裏向きにして置きます。失点はカードに描かれたネコの数です。

B:ストップを宣言する
口頭で「ストップ」と宣言すると、手番は終了となり、左隣のプレイヤーに手番が移ります。

★その手番で並べたカードの列の枚数が、自分の前にある他の列のカードの枚数と同じとき、ストップを宣言することはできない
つまり、最初の手番で1枚めくってストップ、二回目の手番で2枚めくってストップした人は、三回目の手番では1枚でストップする事も、2枚でストップする事もできないのです。

★合計7枚以上置いてから「ストップ」を宣言したら
ストップを宣言したときに、自分の前にあるすべての列のカードの合計枚数が7枚以上だった場合は、それらのカードをすべて捨てます。他のプレイヤーは全員、自分の前にあるすべての列のカードを失点カードとして引き取ります。
7枚以上置いてから「ストップ」を宣言できれば、自分以外の人全員が失点になるのです。

■勝敗
ゲームが終了したら、各プレイヤーは自分の失点カードに描かれている猫の数を合計します。それが失点となります。失点が一番少なかったプレイヤーの勝ちです。同点のときは勝利を分かち合います。

★反転カードや、失点カードの枚数が一番多いプレイヤーが失点カードを少し捨てる事ができるなどの、細かなルールも確認したい場合はコチラからルールを確認できます。



ブース名
ブース番号
2018秋 土-E80 

ブース詳細
モグワイです。 自身での制作の他に、絶版創作ゲームのリメイクや、デザイナーさんにルールを依頼してゲーム制作なども行っていきたいと考えています。よろしくお願いします。
Twitter
@mogwai_spiele
その他
https://bodogedama.jimdo.com/
トップへ