RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2016年04月25日(月) 20:00

【J23-24】邪神がこの中にいるってどんなゲーム?(第3回)

タイトル

探索者について

今回は、「邪神がこの中にいる!」に登場する探索者について解説します。
各プレイヤーが一人ずつ受け持つことになる探索者は、それぞれ特性スキルを持ちます。

探索者の効果

ただし、スキルは行動カード「黄金の蜂蜜酒の使用」で再び使えるようになります。
勝利を目指し、効果的なタイミングで使いましょう。

さて、今回は3名の探索者を紹介しますね。

教授

教授 〜クトゥルフ神話世界の代表的な登場人物〜

本ゲームにおいて、教授の能力はとても高いので、ゲームのカギを握る探索者です。

教授の特性は、アイテムカード【書籍】の効果が倍になる
「読解力」アイテムカード【書籍】をセットすると戦闘力が飛躍的に上がります。
教授のスキル「真実の伝達」は決戦フェーズで他の探索者の持つ書籍カードの効果を倍にも出来るため、人類側を有利にできます。味方であれば非常に頼もしい存在です。

半面、「読解力」の効果は、狂気度修正も他探索者より倍となり、邪神側となった時の邪神降臨判定修正となります。強力な邪神を呼び出し易くなる挙句、「ダゴン」「クトゥルフ」が降臨した場合には、「ルルイエの主」「深きものの王」といった特性の力でセットされたアイテムカード【書籍】の数だけ戦闘力が上がるため、教授が邪神側に堕ちた場合恐ろしいことになります。

人類側にとっても、邪神側にとっても強力な探索者であるため、最も注意すべき探索者です。

ディレッタント

ディレッタント 〜純真無垢でか弱きセレブ〜

ディレッタントはクトゥルフ神話TRPGゲーマーでもない限り、聞きなれない言葉かもしれませんが、分かり易い言葉に変えるとセレブです。お金持ちです。

ディレッタントの特性は、「苦労知らず」。イベントカードを引いた時の狂気度に関するカード効果が倍になります。心が綺麗なお嬢様には、非日常の強烈な体験が心に残す影響が非常に大きいのでしょう。

その背景から、探索者初期の狂気度修正も0としました。そのため、ディレッタントが狂気度0を引いた時にセットされたアイテムカード「エルダーサイン」は強力です。

ディレッタントのスキル「経済力」は手番開始時に引けるカードが2枚から3枚になり、戻すカードは1枚なので使用する度に手札が1枚増えます。その分少しだけ有利にゲームを進めることが出来るでしょう。

探偵

探偵 〜頭脳派なして武闘派〜

探偵は「軍人」「刑事」に次ぐ戦闘力修正があります。人類側であって欲しい探索者の一人です。

探偵の特性は、「調査マニア」。手札に調査カードが2枚以上ある場合には、必ず1枚使わなければなりません。
行動幅を狭めるやや不利な特徴なので、探偵を受け持ったプレイヤーは、うまく手札をコントロールすることが求められます。
探偵のスキル「調査力」は任意のプレイヤーに伏せられてセット(クローズドセット)されたアイテムカードを全て見ることが出来るスキルです。調査カード「アイテム調査」を使用したのと同じ効果ですが、カードを使用せずに手番を消費せずに使えるため、いち早く他プレイヤーの思惑を探ることが出来ます。

そしてプレイしてみると分かるのですが、自分だけがこっそり秘密を知れるというのは、それだけでなんか嬉しいです。

これは本ゲームの面白さの根幹となる喜びなのですが、その喜びが他よりもちょっとだけ多い探偵は、プレイしたい探索者の一人でしょう。

今回紹介した3名の他にも「聖職者」「エンジニア」「ジャーナリスト」「精神科医」「刑事」「軍人」と合計 9種類 の探索者カードがあります。

探索者カードの組み合わせによって毎回ゲームパターンが異なるため、何度も繰り返し遊べる飽きが来ないゲーム性があります。

せっかく買ったゲームなので、繰り返し何度も遊べないともったいないとお考えの方は是非ともお買い求め下さい。
もちろん、新しいゲームを遊べれば、1回でも損はないのだ!とディレッタントなお考えの方も是非。

◆ プレイ動画(前編 / 後編) ◆

◆ BackNumber ◆

No1_ゲームの流れ

No2_狂気度
No3_探索者
No4_降臨前プレイガイド
No5_邪神決定フェイズ
No6_戦闘力

当日取扱商品



ブース名
ブース番号
2017春 C11-12 体験卓あり

ブース詳細
TRPG倶楽部「アナタのハートにクリティカル」(AHC)は、TRPGをはじめボードゲームのプレイ&制作を幅広く、活発に活動しています。
Twitter
@Think_cod
その他
【AHC】
http://ahcahc.com/
トップへ