RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2017年05月11日(木) 11:24

【I08】自分が物語の主役になれるドキドキ感【INTERVIEW】

きのうは米光一成のゲームづくり道場の仲間でのテストプレイ会。ひさしぶりに「INTERVIEW」を遊んだら新鮮で、人が、私にどの質問カードを送るか選んでいるときってこんなにドキドキするんだなーって。

なんか、自分が主役になる瞬間って、ふだん生活していてあんまりないんですけど、自分のターンが回ってきたとき、確実に「わたし」に焦点が当たっていて、みんながわたしの語りに聞き入って、それは、わたしの話が「うそ」か「ほんとう」か判定するために聞き入っているわけで、あーゲームによって作られた特別な時間だって思いました。

自分で作っといてなんですが、楽しかった。自分のゲームを好きになれるってよいことだなあ。

プレイした方から、「プレイ中もだけど、感想戦がすごく楽しい」と言われました。

あと、遊びにきてくれた劇作家の方が、「質問カードに書かれた質問について、シナリオカード2枚を入れ込んだ話をするってことは、うそ役の人は、質問カード+シナリオカード1+シナリオカード2の三題噺をしているのといっしょですよね」と指摘。
あー、言われてみれば!
シナリオカードを2枚にしたのは、いろいろ試してみて、そのくらいが適度な負荷だったから。偶然にも三題噺になってました。
これは、物語を作って人に話すゲームでもあるんだなあと。

「INTERVIEW」、せっせとカードを切りまして、やっとパッケージも完成しました。

以前は箱でしたが、今回は袋です。なぜかというと、箱で作ったときに「あれー? これで500円で売ったら赤字じゃないかな?」とやっと気づいたからです(おかねのけいさんがにがて!)。
見栄えは落ちましたが、こっちのほうがめちゃめちゃ軽いし持ち運びもかんたんです。飲み会とかで気軽にさっとやるには、袋のほうがいいですよ(まえむき!)。

別記事1:新作「INTERVIEW」で不評だった質問カードが生んだ奇跡のこと
別記事2:米光一成のゲーム作り道場のこと

ただいま予約受付中。一個500円です。

inunya.wanwan☆gmail.com
の、☆を@に変えて、件名「INTERVIEW取り置き予約」で送ってください。
確認しましたら、返信のメールを送ります。
24時間たっても返事がない場合は、再度送ってください。

いまのところ、25個中、10個予約をいただいてますー。
よろしくどうぞ♪



ブース名
ブース番号
2018秋 土-E67 体験卓あり

ブース詳細
「ぷよぷよ」「BAROQUE」「トレジャーハンターG」「キングオブワンズ」や、「はぁって言うゲーム」「ベストアクト」「はっけよいゲーム」「想像と言葉」「レディーファースト」などをゲームデザインした米光一成と、優秀なゲームデザイナーズがお届けします。
Twitter
@yonemitsu
その他
【おもしろいゲーム研究会】
https://medium.com/@yonemitsu
トップへ