RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2018年04月18日(水) 20:34

【D48】くだものフレンズ ルールテキスト

2018年春の新作「くだものフレンズ」

ルールのテキスト版を作成しました。

 

くだものフレンズ

プレイ人数(2人~5人) プレイ時間 15分

 

内容物

スタートカード 5枚

(りんご、ぶどう、キウイ、白桃、黄桃)

プレイカード 105枚

(りんご17枚、ぶどう17枚 、キウイ16枚 、バナナ17枚 、白桃9枚 、黄桃9枚、オレンジ10枚、メロン10枚 )

ラウンド表示カード 1枚

 

カードの見方

 

※スタートカードは左上に「S」のアイコンがついています

 

セットアップ

①スタートカードをランダムで各プレイヤーに配ります。

3人プレイ(りんご、ぶどう、キウイ)

4人プレイ(りんご、ぶどう、キウイ、白桃)

5人プレイ(りんご、ぶどう、キウイ、白桃、黄桃)

 

②各プレイヤーはスタートカードを表向きにします。

③ラウンド表示カードをテーブルの中央に置きます。

④各プレイヤーにプレイカードを7枚ずつ配り手札にします。

残ったプレイカードは山札にします。

 

ゲームの流れ

・このゲームは3ラウンドをプレイします。

・3ラウンドが終了したあと得点計算を行い、一番勝利点が高い人が勝利します。

 

ラウンドの流れ

 

①カードの分割

各プレイヤーは7枚の手札を2枚ずつの組み合わせに3分割して裏向きで手元に並べます。残った1枚は裏向きのまま捨て札にします。

※全員同じタイミングで行います。

 

②カードの公開

全プレイヤーがカードの分割を終えたら、まずラウンドのスタートプレイヤーが並べたカードを公開します。

※スタートプレイヤーはスタートカードに書かれており、1ラウンド目は「りんご」を所持している人から、2ラウンド目は「ぶどう」、3ラウンド目は「キウイ」になります。

 

③カードの獲得

カードを公開したプレイヤーの隣(1・3ラウンド目は左隣、2ラウンド目は右隣)のプレイヤーが好きなカードの組み合わせを獲得します。次に2つ隣のプレイヤーが好きなカードの組み合わせを獲得します。

残ったカードの組み合わせは、カードを公開したプレイヤーが獲得します。

 

図の例:4人プレイ、1ラウンド目、プレイヤーAが公開したカード。1ラウンド目は時計回りに、まずプレイヤーBが最初に好きな組み合わせを獲得します。次にプレイヤーCが好きな組み合わせを獲得します。残った組み合わせはカードを公開したプレイヤーAが獲得します。

獲得したカードは手元に表向きに並べて置いておきます。

カードの獲得が終わったら公開を行ったプレイヤーの隣(1・3ラウンド目は左隣、2ラウンド目は右隣)のプレイヤーがカードを公開します(②カードの公開をスタートプレイヤーの隣のプレイヤーが行い③カードの獲得に進む)。

一連の手順を全プレイヤーが行い、全プレイヤーのカードが公開され、カードの獲得が行われたらラウンドが終了します。

※各プレイヤーは1ラウンドに6枚のプレイカードを手に入れることになります。

 

ラウンド終了の処理

次のラウンドがある場合は、山札から各プレイヤーにプレイカードを7枚ずつ配り手札にします。そしてラウンド表示カードをひっくり返します。

 

ゲーム終了の処理

3ランド目が終了すると得点計算に入ります。

スタートカードと獲得したカード、計19枚で競い、最も勝利点の高いプレイヤーが勝者となります。同点の場合は仲良く勝利を分かち合います。

 

カードの紹介(得点表)

枚数

果物名

1枚 2枚 3枚 4枚 5枚~
りんご 0点 2点 5点 9点 14点MAX
ぶどう 2点 5点 8点 11点MAX 11点MAX
キウイ 2点 6点 0点 12点 18点MAX
バナナ 3点 7点 12点 0点 0点

白桃と黄桃は得点計算時どちらか1種類しか得点になりません。得点の高い方を選びます。

枚数

果物名

1枚 2枚 3枚 4枚 5枚~
白桃/黄桃 2点 5点 9点 14点 20点MAX

オレンジ:りんごのカード1枚につき1点が入ります

(上限1枚につき4点まで)。

例:りんごが4枚、オレンジは3枚でゲームが終了しました。

オレンジ1枚の得点は4点で3枚あるので12点獲得します。

 

メロン:ぶどうのカード1枚につき1点が入ります

(上限1枚につき4点まで)。

 

得点計算の例

りんご:14点(5枚)

ぶどう:2点(1枚)

キウイ:0点(3枚)

バナナ:12点(3枚)

オレンジ:8点(りんごが5枚ありますがMAX4点なので4点×2枚)

メロン:1点(ぶどうが1枚なので1点×1枚)

白桃/黄桃:9点(黄桃の方が多いので黄桃のみ3枚で計算)

合計:46点

※得点の入らないカード(図の例の場合、キウイと白桃)はゲームから除外すると計算しやすくなります。

 

オプションルール

 

A:バランス調整

プレイ人数に応じて下記のようにプレイカードを抜きます。

 

【3人プレイ】

りんご、ぶどう、キウイ、バナナ:6枚

黄桃、白桃:3枚

オレンジ、メロン:4枚

 

【4人プレイ】

りんご、ぶどう、キウイ、バナナ:2枚

黄桃、白桃:1枚

オレンジ、メロン:2枚

 

B:エキスパート

オレンジとメロンも、白桃/黄桃と同様、どちらか1種類しか得点になりません。得点の高い方を選びます。

 

C:シークレット(2~4人プレイ)

1ラウンド目はプレイカードを8枚配ります。2枚ずつの組み合わせに3分割し、1枚は捨て札、もう1枚は裏向きにして手元に置いておきます。ゲーム終了時に手元に置いた裏向きの1枚のカードを公開して得点計算に加えます。

※計20枚のカードで競うことになります。

 

D:2人対戦

①スタートカードは「りんご」「ぶどう」を使います。

②ゲームは4ラウンドプレイし1・3ラウンドは「りんご」がスタートプレイヤー、2・4ラウンドは「ぶどう」がスタートプレイヤーになります。

③カードを公開したプレイヤーの反対側のプレイヤーが好きなカードの組み合わせを獲得し、さらに好きなカードの組み合わせをゲームから除外します。残ったカードの組み合わせを公開したプレイヤーが獲得します。

④スタートカードと獲得したプレイカード、計17枚で勝利点を競います。

⑤あとは基本ルールと同様にプレイします。

 

オプションルールは複数のオプションを組み合わせて遊ぶこともできます。

 

PDF版は下記参照

くだものフレンズ(マニュアル 1ページ目)

くだものフレンズ(マニュアル 2ページ目)



ブース名
ブース番号
2018秋 土-E45 体験卓あり

ブース詳細
オリジナルゲームの作成 2015年(爆弾宝箱) 2017年(忍ジャス) 2018年(くだものフレンズ)
Twitter
@Comet_boardgame
その他
ホームページ:http://cometgame.jimdo.com/
連絡先:info@cometgame.com
トップへ