ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

熊熊飯店

ブログ2019年10月13日(日) 02:42

【新作が出来るまで(後編)】「レビュアー天国」(★ドキュメンタリー風)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆ゲームマーケット秋の頒布作品は、コチラで取り置き予約受付中です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★今回は懲りもせず、【新作ができるまで(後編)】です。併せて読みたい(前編)は、コチラ

― 2019年3月10日 AM8:00 驚きの一報から始まった

ゲームマーケット大阪当日 朝。

小雨のパラつくあいにくの天気のその日。
われわれのスマートフォンに、連絡が届いた。
それは、長崎のあるボードゲーム婚活イベントの報告であった。

「アノコロの俺ら」を遊んでカップルになったふたりが、ゴールインしました!

ええええええっ!!!

▲「アノコロの俺ら」を遊んでカップルになったふたり(イメージ)

 

―同日 AM11:00 その男、ニヤニヤである

大阪に持ち込んだ新作カードゲーム「オーサカループライン」は、着実に売れていった。
そんなことよりも、だ!

朝の報告である。

・よもや、自分のゲームがきっかけでカップルに。
・しかも、結婚!
・他人様の人生に影響を与えてしまった!!

たぶん、その場で遊ばれたゲームは「アノコロの俺ら」だけではない。
もちろん、ふたりの息がぴったり合ったからカップルになったわけで、「アノコロの俺ら」がなくても、くっつくのは必然。
さらに、結婚となれば、そこに至るまでの2人の日々が重要なのであって、最初のそれはさざ波に過ぎない。

でもね。

作者としては、やっぱり嬉しい!!!

で、ニヤニヤしてたら、ひとりの男がブースにやってきた。


▲怪しげにニヤける男(フリー素材/素材サイト「ぱくたそ」より)

 

―同日 AM11:30 これは「アノコロの俺ら」の続編を、作れということか?

その男は、お取引のある店舗の方だった。素早くニヤニヤを消して、名刺交換をする。
メールでのやりとりのみで、初めてのご挨拶だった。
挨拶のあと、男は言った。

-「アノコロの俺ら」、次はどう展開してくんですか?

われわれはたじろぎ、次の瞬間、口が勝手に言葉を発していた。

-もちろん、続編作りますよ。

ぜんぜん構想はないのに。そんなことを口走っていた。
これは「アノコロの俺ら」の続編を、作れということか?
そう、大きな意志的な何かが、言っているのか?

 

-2019年6月 そして生まれる

都内某所。その日、静かに「アノコロの俺ら」の続編が生まれた。

われわれがこのゲームに課したテーマ。それは……、

必ず、プレイヤー全員が幸せな気持ちになれること

「アノコロの俺ら」がどれだけ影響したか分からないけれども、カップルになった方がいるなら、そこは譲れない。
なにより、われわれは、全員が優しく、幸せな空気が流れているゲーム会の独特な雰囲気が大好きだった。

さて、そんなゲームになっているかどうか?
それは皆さんが、実際にプレイして確かめてもらおう。


▲都内某所でテストされた試作品


▲そして今作が生まれることになった

 

◆熊熊飯店 公式HP
https://kumagumahanten.jimdo.com/

◆そんな、今回の新作を予約したい方はこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScVfYUtOyWuQRjNKq7epQFptHd4F0ZNN3aPs5QQOZSInbt4lQ/viewform

ブース名

熊熊飯店

熊熊飯店

ブース番号

2019春 土-V14 

ブース詳細

熊熊飯店は、2012年の秋に 立ちあげたサークルです。 サークル理念は、 「楽しいは、最強!」 ■代表作 「アノコロの俺ら」 「大怪獣ヴェナタスVS強欲な異能建築家」 ■参加イベント ・ゲームマーケット2017春 ・ゲームマーケット2016春 ・ゲームマーケット2015秋 ・ゲームマーケット2015春 ・ゲームマーケット2014春 ・ゲームマーケット2013秋 ・ゲームマーケット2013春 ・ゲームマーケット2012秋

Twitter

その他

■公式HP【kumaguma hanten】
http://kumagumahanten.jimdo.com/
■ブログ【熊熊飯店日誌】
http://kumagumahanten.blog.fc2.com/