ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

モザイクゲームズ

ブログ2018年04月24日(火) 00:17

「ラプラス」誕生秘話(3)

こうして5路盤のUpperHand(海賊版ではありますが…)が、私たちのあいだで普及して行くと、次にこれをもっと大きなボード、つまり7路盤や9路盤で遊んだら面白いのではないかという発想が出てきました。
特に当初からUpperHandのゲーム性に注目されていたゲーム研究家(と呼んでいいのかな?)の南雲夏彦さんは、著書「ゲーム探検隊」(1989年)の中でも7路盤のアッパーハンドを紹介されていますし(写真)、本文にも「このゲームには7×7盤がよりふさわしい気がする」と書かれています。
ところが、自作派の私たちにとって、ひとつ重大な問題がありました。7路盤のボードを作って、実際にビー玉でゲームをプレイしてみると、かなりの頻度でプレイ中にビー玉が崩れるのです。5路盤の時にはそれほど気になりませんでしたが、盤が大きくなり、ピラミッドの高さが高くなるにつれ、ちょっと余分な力が加わっただけで「雪崩(なだれ)」が起きやすくなる(笑)。これではゲームになりませんから、大きな盤のUpperHandはあまり広まることはありませんでした。
なにかうまい方法はないものだろうか? ある時ふと筆者のアタマにひとつのアイデアが浮かびました。「そうだ、コマがビー玉だからすぐに崩れてしまうんだ。コマの形を球ではなく、円盤状にしてしまったらどうだろう?」(この項、次回に続きます。)

ブース名

アバター

モザイクゲームズ

ブース番号

2019秋 両-L12 体験卓あり

ブース詳細

2人用のボードゲーム「モザイク」を出品しています。岐阜県多治見市産のモザイクタイルをコマに使用し、見た目にもとても美しいゲームに仕上がっていると思います。ルールは1分間で覚えられるほど簡単、それでいて戦略的にはとても奥の深いゲームです。「モザイク」は、今年の2月に多治見市の主催する「たじみビジネスプランコンテスト」(通称タジコン)で創業グランプリを受賞しました。新しいまちおこしのかたちを実現すべく、多治見から全国に向けて発信しています。 この秋は初めて土日の2日間出展となります。今回のゲームマーケットで初登場となる新しいカラーバリエーションも用意しました。4人用エクスパンションの「モザイク・クオ」、小型版の「モザイク・ミニ」も出品します。試遊卓もありますので、ぜひモザイクゲームズの「L12」ブースまで足をお運びください。

Twitter

その他